MENU
  1. ホーム
  2. ダイエット講座
  3. どうにも気が進まないけど…

ダイエット講座

2017/04/15

どうにも気が進まないけど…

オリビア・ニュートン・ジョンというとアレサ・フランクリンのような伝説の人的なイメージがあり、そのうちしっかり聴いてみたいと思っていました。

 

先日2枚組を聴いたのですが世代が違い過ぎるせいか、1枚目はあのカントリー的な路線が自分に全く合わず相当なストレスでした。

1枚目は20曲ありましたが何と20打数3安打ぐらい。(こんな表現をしているとファンの方に怒られますね…)

 

………そして2枚目なのですが、これはもうどうにも気が進まない

この激ストレスを感じながら20曲程を聴き続けるのは本当にツライ。

「やめにしようか」

と思いつつも

「いや、とりあえず何とか頑張って一通りは」

ということで気合を入れて2枚目スタート。

 

 

ところが

「これは聴いてよかった!」

でした。

打って変わって2枚目は自分に合ったのですが、

「どうにも気が進まないのだけど、行ってみたら面白かった」

「どうにも気が進まないのだけど、やってみたら楽しかった」

なんてことはよくあります!

 

 

 

 

姿ダイエットシステムも正にその通りで、問合せ時に

「こんなことが私にできるのだろうか」

と大変な不安を抱えている方もおられるのですが、実際にやってみれば分かります。

 

楽です。

 

デタラメな筋トレをいくら続けても、心臓がバクバクになり関節が痛いだけで終わります。

しかし、姿ダイエットシステムは楽です。(き、きんにくには地獄ですけど…)

 

面白い事実ですが、人間は関節が痛いのはもちろんイヤですし、特に心臓がバクバクになることはもっと恐れます。

 

ところが、筋トレを継続していると筋肉に地獄の環境を与えることが快感になってきます。

全員といっていいぐらいです。

 

もし筋肉に甘かった(厳密には甘くないのですが)場合、私はクライアントさんから怒られます。

「前回のはそれほどでもなかったですよ!」

『いや、その部分だけで判断しなくてもいいんですよ』

と説明するのですが、筋トレをスタートすると皆日常的に筋疲労したような状態を心地良く感じます、皆です。

 

 

この感覚は人類の歴史を振り返って考えた場合、ある意味自然なことかも知れません。

人類は歴史的に数百万年間オールアウトを繰り返してきたわけで、たった数千年程前の農耕革命により野生動物との直接対決は徐々に減少し、今では歩くどころか仕事によっては立つことさえしなくなったわけです。

 

この立たない生活で人類が健康を手に入れようと思ったら、この生活をあと数十万年ぐらい継続し、現在のホモサピエンスから「ホモサピエンス+α」みたいなそれに適合した新種が登場してくれることを待つということですか?

いや、人間は数十万年も生きません。

というか、我々はホモサピエンスです。

つまり、「ホモサピエンス+α」みたいな新種が環境に最適合しているのであれば、我々ホモサピエンスは徐々に絶滅へ向かって行くと思います…

 

ん? 話が少しそれました…

 

 

 

そんな遠い未来の話でゎなくて今の話をしなくてゎ

(さきほど寝落ちしそうになりました。疲労が限界に達し、文章も怪しくなってきましたのでそろそろ締めに入りたいと思います)

 

 

我々は何年も掛けるのではなく、ほんの数ヶ月で健康を手に入れるどころか超人になりたいわけです。

であるならば、現生人類のシステムに最適合したライフスタイル(オールアウト)が望ましいのではないかと思います。

筋トレは、最も安全で効率的に行えます。

 

姿ダイエットシステムは楽です。

精神的にもコンフォートゾーンから抜け出せ的な面倒くさい気構え等一切必要ありません。

 

「どうにも気が進まなかったんだけど、やるしかないと思ってやってみたら結構面白いし楽だった」

 

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

一覧に戻る