MENU

ダイエット講座

2019/03/29

ひじの向き

みなさんこんにちは。

岡崎市・パーソナルトレーニングジム姿、マネージャーの井上です。

 

今日は、前回に引き続き肩関節種目のお話です。

肩関節の動きをわかりやすく筋肉ごとに表すと

 

大胸筋は、腕を前に出す。

広背筋、大円筋は、腕を後ろへ引く。

三角筋は、腕を上にあげる。

 

動きは他にも多彩で、かなり雑な書き方をしましたが、わかりやすく表すとそういうことです。

 

そして、それらの筋肉をどうトレーニングするかは、筋肉の動きから考えなければいけません。

 

私は、重要なポイントの一つは、ひじの向きと考えます。

 

普段の生活で、先ほどあげた4つの筋肉はほとんど使わないんじゃないかと思います。

生活の中での動きは、なるべく小さい筋肉を使うようにできているのではないかという話です。

 

なので、筋トレ未経験の方は、もちろん。

筋トレをしている人でも、正しい筋肉の動きが理解できていない人も、しかり。

大筋群をなるべく使わないように、小手先でコントロールして、腕で動かそうとしてしまいます。

 

腕に負荷が乗っている以上、大胸筋や広背筋がオールアウトすることはありません。

 

分かりやすく言うと、ベンチプレスを何kgで何回できるのかと、大胸筋が肥大するかどうかは、比例しないのです。

 

そのバーベルをあげるのに、大胸筋が何%関与しているのかという話です。

 

 

だから、フォームは大切ですよ。と、言うんです。

 

もちろん、より重いものをよりたくさんの回数上げた方が、成長は見込めます。

ただ、負荷を逃がしてしまったら、成長しないのは当然ですよね?

 

 

大事なのは、ひじの向きです。

 

もちろんそれだけじゃないですが、

ひじをコントロールすることで、ターゲットに対して理にかなった動きが、初めてできるようになると思います。

 

冒頭にインクラインベンチの写真を載せましたが、インクラインの種目でも同じです。

 

ただ、インクラインには、他にも大きな落とし穴があります。

それは、またの機会に書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!

肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

一覧に戻る