MENU
  1. ホーム
  2. ダイエット講座
  3. モチベーションコントロール ②

ダイエット講座

2017/08/30

モチベーションコントロール ②

⑥ 師匠、尊敬する方へ一報を送る

私もたまにこの手を使います。

まぁ相当迷惑がられていますけど…

「今から死ぬ気でスク◯ットをやります」

やる前にいちいちメールします。

 

師匠も心の広い方なので嫌な顔一つせず、終わったであろう時間を見計らって

「で、どうだったの?」

と返信してくれるわけです。

 

そこで、

「いや、せっかく風呂敷を広げたのですが何も包まずにたたんでしまいました」

とは死んでも言えないですよね。

 

したがって、嫌などと言ってるどころではなく、もうやるしかないのです。

内容をチェックされることもあるし、もう自然とやってます。

 

 

⑦ パーソナルトレーナーと契約する

「パーソナルトレーニングジムと契約してスケジュール管理してもらえば自然とサボらない」

と言う方がいます。

これはこれだけで確かに効用はあるのですが、パーソナルトレーナーの仕事はスケジュール管理ではありません。

 

パーソナルトレーナーの仕事をスケジュール管理だと思われている方も結構おられます。

実際にそのつもりで、ジムへレッスンを受けに行ってた人も知ってます。

 

「当たり前の食事、当たり前の運動を行うだけなのですが、自分自身では管理が甘くなるためパーソナルトレーニングジムと契約している」

こんな感じの人です。

 

 

まぁ食事は当たり前(食事は超重要ですが、我流でもある程度の効果は出せる)としても、当たり前の運動はありません。

 

全て未知の環境を与えるため、当たり前の運動などあるはずがないです。

パーソナルトレーナーはテクニックを使い、ある局面から指数関数的にその効果に対しレバレッジを掛けます。

それがパーソナルトレーナーの仕事です。

 

したがって、エクササイズを10回ぐらい反復した人に対し、横から

「さあ、あと1回いきましょう」

「あと2回いきましょう」

などと声掛けすることなどパーソナルトレーナーの仕事ではありません。

 

効果なしの筋トレです。

その声掛けがOKなのは、自力で最後の1レップまで余さず使い切れる(オールアウトできる)リミッターの外れたアスリートに対してだけです。

 

しかし、これからダイエットを始めますというクライアントさんに対し、「あと何回」という声掛けは無意味でしょう。

 

また、10回やった後にあと2回ほど追加コールされるだろうと事前に分かっていれば、始めから12回できるやり方をされるだけで、条件を変えられた(質の悪いフォームに崩す)かどうかをパーソナルトレーナーが見抜くことができなければ、尚更この「あと何回いきましょう」は無意味となってくるのです。

 

つまり、例え10㎏あるいは20㎏減っていたとしても「確実にリバウンドという未来」が待っています。

なぜなら筋トレ風の動作をしているだけで、トレーニング効果はほぼ0なわけですから。

ただ単に糖質カットだけして体重を減らしたこととほぼ同じですから、それならパーソナルトレーナーと契約して筋トレなどせず我流で同じことをやっても似たような効果は得られます。

 

「さあ、あと1回いきましょう」

と横から声掛けはしません。

 

パーソナルトレーナーはテクニックを使います。

 

 

 

以上、2度に渡ってモチベーションコントロールについて述べてきましたが、使えそうなものがあったら是非試してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

一覧に戻る