MENU
  1. ホーム
  2. ダイエット講座
  3. ラットプルダウン

ダイエット講座

2018/05/26

ラットプルダウン

今日は、広背筋の種目についてお話します。

 

広背筋の代表的な筋トレでは、人気種目でもあるチンニングがあります。

いわゆる懸垂運動とは違い、広背筋の収縮で自重を持ち上げるダイナミックな種目です。

 

しかし、負荷があまりにも大きいがゆえに、正しいフォームでできている人は、そう多くはないように思います。

 

みなさんこんにちは

岡崎市・パーソナルトレーニングジム姿、マネージャーの井上です。

 

 

 

そもそも「過負荷の原則」というものは、ターゲットの筋肉に、的確に負荷をのせれていることが前提の話です。

 

関節に負荷を逃がす。

やたら重い重量が何回も上がる。

もっと負荷を増やす。

 

これでは、どんどん逃がすのうまくなるだけで、行きつくところは「関節の故障」…

と、なってしまうでしょう。

 

パーソナルトレーニングジム姿では、チンニングよりも低負荷でできるラットプルダウンマシンをまずお勧めします。

 

 

そして、広背筋の収縮を作るためには、初心者は肩甲骨を下すことを意識しましょう。

そして、「肩甲骨を寄せる」という表現をする人が良くいますが、寄せなければいけないのは、厳密には肩甲骨より少し下の部位です。

 

肩甲骨の真ん中に、広背筋は、ありませんからね。

 

僧帽筋をオフにするためには、あごを上げるのも一つだと思います。

ただ、初心者があごを上げ過ぎると首が疲れてしまうので、やはり単純に肩甲骨を下げて胸骨を突き上げた姿勢を作るのが重要です。

 

チンニングにしろ、ラットプルダウンにしろ、まったく逆の動きをしてしまっている人が、とても多いです。

 

 

背中を鍛えるよりも、バーを下げることが目的のようになってしまってますよね。

 

そんなにバーを下げたいですか?

 

背中を鍛える事より、重要ですか?

 

ダイエットに限らず、肉体改造を目的とするなら、筋トレをする事自体を目的にしてはいけません。

いかに効率よく成果を得るかが、成功のカギを握ります。

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

一覧に戻る