MENU

ダイエット講座

2018/01/28

上腕二頭筋

急に寒くなり、雪が例年以上に振っている地域も多いようです。

くれぐれも用心してください。

 

今日は、二頭の筋トレで定番のバーベルカールの話をしましょう。

 

 

トレーニング経験のない人も、テレビや映画などで見たことあるような定番種目ですが、やり方が悪いと効かないどころか肘や手首を痛める可能性もあります。

 

みなさんこんにちは!
岡崎市・パーソナルトレーニングジム姿、マネージャーの井上です。

 

 

基本的に、二頭の収縮は小指側です。

小指側3本を中心にグリップし、少し回外させながら挙上する事が重要です。

 

特に、ドラッグカールなどの収縮種目では、ちゃんと意識したい部分です。

 

また、伸展も∠150°くらいまでで止めると高重量を扱いやすいですが、比較的軽い重量で伸びきるギリギリまで伸展させるのもバリエーションとして有効です。

 

プリ―チャーカールなど伸展種目では、そういった細かいフォームマネージメントも重要になってきます。

 

長頭、短頭、上腕筋、それぞれどこに効かせたいのかフォーカスして種目を選ぶのも一つですが、そのためには、しっかりとターゲットを収縮させるテクニックも重要ですよね。

 

 

もし、パーソナルトレーナーのチョイスを間違いたくないのでしたら、個々の筋トレ種目をきちんと伝わるように教えてくれるパーソナルジムをお探しください。

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

一覧に戻る