MENU

ダイエット講座

2020/09/15

収縮と弛緩

みなさんこんにちは。

岡崎店マネージャーの井上です。

 

井上家でも突然「鬼滅の刃」ブームがやってきました。

七五三の着物を炭治郎みたいにしたいと言われたり…

 

 

さて

今日は、トレーニングにおける弛緩についてのお話をしようと思います。

 

 

「トレーニングは、フォームが重要」というのは、みなさんがご存じだと思います。

ですが、フォームの本質を理解しているのとしていないのでは、完成度が変わってきます。

つまりトレーニング効果も天と地ほども変わってきます。

 

フォームとは何でしょう?

 

軌道

関節の向き

マッスルコントロール

レンジ

 

色々な要素があります。

 

「マッスルコントロール」と一言で言っても、

「収縮」と「弛緩」の両面そろってこそ「マッスルコントロール」と言えるのではないでそうか。

 

 

 

コンセントリックでターゲットを収縮させるのは、想像に難しくないと思います。

(そもそもこの言葉が、あべこべだというのが、私の見解なのですが…)

 

エキセントリックでもターゲットの収縮が抜けないようにしましょう。

 

これも、トレーニング方法をネット検索した程度でも出てくると思います。

 

 

 

私の考える、もう一つの要素は…

「ターゲット以外は、弛緩させる。」

です。

 

収縮させる筋肉を選ぶという事は、

収縮させない筋肉も選ばなくてはいけない。

 

この事は、表裏一体です。

 

両方できてこそのマッスルコントロール

というお話でした。

一覧に戻る