MENU
  1. ホーム
  2. ダイエット講座
  3. 武勇伝-スクワットの追い込み

ダイエット講座

2016/11/30

武勇伝-スクワットの追い込み

みなさんこんにちは。
岡崎店マネージャーの井上です。

寒い寒いと思っていたら、明日からもう12月ですね。
寒くて当然ですね。

 

 

ハードにトレーニングをする仲間内で、昔からよく聞く武勇伝があります。
それは…
「スクワットをしながら吐いたことがある!」
という話です。

 

スポッターをつけずに自力でスクワットを追い込むと、激しい酸欠に陥り、想像を絶する吐き気に見舞われます。

 

詳しいことは調べたことがありませんが、理由はいくつか想像できます。

 

・体積の大きい脚の筋肉のダメージが大きすぎて、酸素を下半身に取られる。

 

・ベルトを締めて股関節を屈曲するため、ボトムで血流が著しく悪くなる。

 

・腹圧を上げるために、ボトムで息を止める。

 

これらが正しいのかは知りませんが、理由を考えながら自力でのスクワットを想像しただけで、憂うつな気分になってきますね…。

 

しかし、吐き気こそが、しっかり追い込んでいるハードトレーニングの証なのです。

 

なので、冒頭の
「スクワットをしながら吐いたことがある!」
は、武勇伝として自慢されることがあります。

 

しかし、自分は、「それを超える武勇伝」を持っています。
それは、「スクワットで吐いたことがない!」ということです。

 

自力でスクワットを追い込んでいた当時、増量の鬼でした。
もともと学生時代は、細くて、筋肉も付きづらく、食べても食べてもなかなか体重が増えませんでした。

 

今から思えば、食べていなかったのですが…

 

とにかく体重を増やそうと、食事もトレーニング以上に追い込んで詰め込みました。

 

そんな中でも、スクワットの日は、半端ない吐き気に襲われるほど追い込みます。
セット間で倒れこみ、少しでも起き上がろうとしようものなら、怒涛の如くこみ上げて来ます。
しかし、せっかく増量するために必死で詰め込んだ筋肉の材料を、リバースするなどできるはずがありません!

 

グルグルと視界が回る中、必死で吐き気に耐えました。

 

なので自分は、「スクワットで吐いたことがない」のです。

 

当ジムでスクワットをする人たちは、本当のスクワットの過酷さを知りません。
酸欠を起こさずに筋肉だけを追い込む快適な方法を実施しています。

 

同じ…いや、それ以上の効果を得られるなら、楽な方がいいに決まっていますよね。

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

一覧に戻る