MENU

ダイエット講座

2017/06/15

湯シャン

4月から湯シャンに切り替えて2ヶ月程経過しました。

数年前から構想はあったのですが、実行する勇気はなく本気度はあまりなかったのでしょう。

 

ポテンシャルをより発揮していくためには、

「これぐらいの事やらなきゃダメだろ」

との思いで4月から勇気を持ってトライしたわけですが、懸念していたかゆみ、におい、油、などに全く悩まされることがなく拍子抜けというか、ホッとしたというか、正直嬉しいです。

 

順応するのに1週間とか1ヶ月とかいろいろと覚悟していたため

「俺には恒常性維持機能がないのか!?」

などと思わず自分自身にツッコミを入れたくなる経過です。

まだ2ヶ月ですが感想としてはなるほど、ハリウッドセレブがこれをやる理由が分かります。

 

 

彼らはソースを間違えない。

世の中、「誘導」のため様々な仕掛があると思うのですが、彼らなどは間違えることなく正確にチョイスできるのだろうと思います。

したがって、例えば彼らのマネをすることも正しいと思う。

ネットにしろ、いろいろと真の情報を追うのは難しいです。

 

かゆみ、におい、油、などに全く悩まされることがなかったわけですが、理由としては彼らの食事が正しいのと同様に私の食事も正しいからだと思います。

運動もまた然り。

 

ネットで情報を追うことは危険(テレビなども含め安易に情報を入手)と述べたのですが、例えばネットで「●事バランスガイド」に行きついたとして、さあそこから…

 

 

 

このブログでは、姿ダイエットシステムの要でもある「食事法」については述べません。

当ジムのクライアントさんに対して述べるぐらいです。

 

 

 

もし全人口が、正しい食事(量の問題ではありません、正しいか正しくないかです)をしたとしたら食料というものはすぐに底を尽きてしまうのでしょうか?

どうなんでしょう?

 

世の中には飲食店やスーパーや各家庭、その他様々なところに大量の食糧が存在しますが、よくそこまで存在するものだなといつも驚きを感じます。

 

したがって例えば、「食べ物」を食べずに、日常的に大量の「石油」を食べ続けている人もいるかも知れません。

 

理由は知識不足です。

 

残念なことに、じっとしていても正しい情報は入ってこない仕組みになっているのです。

したがって能動的に「正しく」情報を得ていく必要はあると思います。

 

 

例えば

 

主食とは?

 

油がOKで砂糖がダメ?

 

6:2:2ぐらいのバランス?

 

脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖??(笑)

 

カロリー??(笑)

 

 

 

ずいぶんと抽象的にしましたが、食糧問題は確実に存在し、人口問題、環境問題等、さらに言ってしまえば医療ビジネスなども含め様々な問題を社会は抱えていると思います。

 

意図的なプロバガンダ(いろいろありますが例えば、シンプルシュガーと穀物の比較など)に対し、同時に様々な社会問題についても否定するつもりはありません。

 

したがって、このブログでは食理論については述べません。

 

まぁテレビによる一部芸能人の発言等も、明らかな勉強不足か意図的なプロバガンダです。

 

 

 

 

 

先日、チャットで

「俺、今や湯シャンなんだけど…」

的にアナウンスかけたところ

 

「今頃?」

「私もだよ」

「ビギナーですか?いろいろ教えますよ!」

 

完全にサンドバッグでした(笑)

手入力による詳細な資料まで頂き、

恥ずかしさと感謝感激が入り混じった最高の気分でした。

 

みなさんやってるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

一覧に戻る