MENU

ダイエット講座

2017/03/14

目的と手段

みなさんこんにちは。
岡崎店マネージャーの井上です。

花粉症の季節真っただ中で、つらい人にとっては早く過ぎてほしい時期ですよね。

 

以前、トレーニングフォーム習得について書きましたが、語学に関しても同じことが言えるなぁと感じました。

 

私は、前職で時々海外で生活する機会がありました。
長い時は4ケ月間、現地の人と暮らし、周りに日本人は基本的に自分だけでした。
まぁ、必要にかられれば、語学はだんだんなんとかなっていくものです。

 

昨今、英語を習いに通っている人も多いのではないかと思いますが、自分が昔から感じていることは、
「言葉は道具である。」
ということ。

 

人類が集団生活をする中で、意思の疎通をするために、言葉が生まれ、進化してきました。

 

特に日本語は、とても言葉の種類が多く、細かなニュアンスをよりそのままに伝えたいという日本人の心が感じられます。

 

ですが、言葉は所詮道具。つまり気持ちを伝える手段に過ぎないのです。

 

手段を得ることが、目的ではいけないと私は考えます。
他に目的があって、そのために必要な道具を使いこなせるようになる。
これが語学習得であったり、トレーニング種目であったり、という事です。

 

トレーニングをすることが目的になる人も悪くはないと思います。

 

が・・・

 

やはり
成果を目で見て
体で感じて
目標に一歩ずつ近づくことに喜びを感じていただきたい。

 

トレーニングは、理想の体を手に入れるための手段なのですから。

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

一覧に戻る