MENU
  1. ホーム
  2. ダイエット講座
  3. 【動画】背中の筋トレは難しい②

ダイエット講座

2019/06/27

【動画】背中の筋トレは難しい②

背中の筋トレは難しい、Part2です。

今回も間違いやすい形を3パターンです。

一番下は正解です。

正解とそれ以外の動画を同じように感じてしまった人は、しっかりとフォームを勉強して下さい。

 

 

腹とあごを引いて腕で押し下げています。

動画では、あごの引き方が強調され過ぎてますが、典型的な失敗例です。

広背筋で引くことを覚えなければなりません。

 

「バーを引けば広背筋が収縮(短縮)する」

と思われるかもしれませんが、初心者の場合これだとトレーニングの効率が悪すぎます。

広背筋の使い方を練習した方が、はるかにトレーニングの効率が上がります。

 

 

 

 

これもよく見かけると思います。

まず、負荷が適正なのかどうかという問題です。

そしてラットプルダウンに限らず、スクワットにしてもベンチプレスにしてもそうですが筋肉に負荷を掛けるという意識がなければ、何年続けても永遠に変わることはないです。

 

 

 

 

後ろ側へ引くビハインドネックはディテールの1つですが、筋トレ経験のないトレーナーはクライアントにまずこのフォームを教えるケースがあります。

あるいは、このフォームをラットプルダウンの唯一のフォームだと勘違いしていたという話を聞いたこともあります。

 

下の動画を参考にして下さい。

前で引きます。

ビハインドネックはディテールの1つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!

肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

一覧に戻る