MENU
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 2013 5月

ブログ

「2013 5月年」の記事

ダイエットのための筋トレでも高負荷は必要?

2013/05/28

こんにちは

豊田市のパーソナルトレーニングジム姿です。

 

 

今回のテーマは、

「ダイエットのための筋トレでも高負荷は必要?」です。

 

前回、「無重力空間では骨、筋肉などがもの凄いスピードで減っていきます」と述べました。

では減らすのではなく逆に増やす方法は?

 

過去、筋肉を維持することの重要性を何度も述べてきました。

そして筋トレをすることによって骨、筋肉などは維持され、さらに量を増し、結果代謝の良い肉体を手に入れることができることも述べてきました。

 

では宇宙空間の対極は何か?

それは、

 

高負荷です。

 

宇宙空間では身体に負荷を掛けられないだけでなく、自分の体重さえも完全に消滅してしまいます。

その逆、すなわち高負荷を掛けることによって、合理的に代謝の良い肉体を手に入れることができるのです。

骨や筋肉がもの凄いスピードで減っていくことの対極?

なわけですから、この高負荷がいかに合理的な手法かお分かりいただけるかと思います。

 

ダイエットを始めとしたボディメイク全般においては、高度な理論も併せ持ってプログラムを進めていく必要がありますし、またそうでないと結果も伴ないません。

しかし、手っ取り早く身体を強くしたい、骨を強くしたい、筋肉を強くしたいという場合は高負荷を掛けたトレーニングをすれば良いのです。

 

とにかく手っ取り早いです。

 

ただし、正確なフォームで動作することは大前提です。

低負荷、高負荷、あるいは自重関係なしにフォームが正しくなければ全てが危険です。

 

確実に、かつ継続的に成果を上げたいのであれば、やはり経験・知識が豊富なプロのサポートのもと、パーソナルでのトレーニングフォームの習得は、必須事項であると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

代謝を悪くする

2013/05/09

こんにちは

豊田市のパーソナルトレーニングジム姿です。

 

 

今回のテーマは、

「代謝を悪くする」です。

 

無重力である宇宙空間では、強い筋肉も強い骨も全く必要ありません。

そのため肉体に一切の負荷が掛からない宇宙空間では、筋肉、骨などがもの凄いスピードで減っていきます。

 

それを防ぐために宇宙飛行士は無重力空間で毎日ハードな筋トレを行います。

しかし、例え毎日ハードに4時間筋トレをしたとしても残りの20時間は無重力にさらされるわけです。

そのような状況下で生活をした後、地球へ帰還します。

すると、恐ろしい体験をすることになります。

 

それは、地球の重力に抵抗できず立ち上がることさえできないという現実です。

 

以前にも述べましたが、人間の身体は飢餓への対応を最優先して設計されています。

そのため、必要のない筋肉、その他器官などのためにエネルギーを奪われることを嫌がります。

筋肉や骨などが、現状ほどの量が無くても生活できるのであれば、迷わず削り落していきます。

削られてしまえば、もちろんその分の代謝は低下します。

 

 

地球には重力が存在するため、有酸素運動を行ったからといって宇宙空間のようなハイペースで筋肉や骨などが減っていくことはありません。

ですが、そもそも有酸素運動を行えばエネルギーは消費されます。

しかし特別に筋力を必要としない有酸素運動だけのために、わざわざ燃費の悪い筋肉を維持しておく理由などないのです。

 

飢餓対応モード、すなわち代謝の悪い身体にして燃費の向上を計るわけです。

ということは、ダイエットが成功しない体質になってしまうということです。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!