MENU
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 2016 1月

ブログ

「2016 1月年」の記事

その筋トレは、どこに効いてる?

2016/01/22

前回までに、筋肉はなぜつくのか?筋肉をつけるために何が必要か?という話をしました。

 

前回までのお話

筋トレは、筋肉がつく?

続・筋トレは、筋肉がつく?

 

今日は、前々回に少し触れた、トレーニングと筋肉の関係についてさらに書きます。

 

「筋トレをする→筋肉がつく」が、逆だというお話です。

 

こんにちは

岡崎市・パーソナルトレーニングジム姿、マネージャーの井上です。

 

 

筋肉をつけるために筋トレをするはずが、いつの間にか
筋トレをすること自体が目的になってしまっているは、いませんか?

たとえばベンチプレス
ベンチに寝転がって、手でバーベルを持ち上げる種目です。
ターゲットは、大胸筋、三角筋、上腕三頭筋。
特に男性の中では、好きな種目のトップ圏に常に君臨するほどの人気種目です。

 

最初は、「分厚い胸板がほしい」という目的でやり始めた人も、「自分の体重と同じ重さを上げれるようになりたい」とか、「一度でいいから100kg上げてみたい」とか、だんだんとさらに重い重量を上げることが目的になってしまったことありませんか?

当ジムにカウンセリングに来られるお客様からも、こういった言葉は、よく耳にします。

 

もちろん、その結果、理想としていた分厚い胸板を手に入れられれば何も問題はないのですが…

挙上重量にとらわれ過ぎてフォームがおろそかになっては、効果が薄いどころかケガの原因ともなりかねません。

 

そもそもフォームとは何なのでしょう?

フォームとは、形を表す言葉です。
トレーニングフォームとは、重りを上げる時の体勢を指すのだと思います。

 

体勢というと、見た目にとらわれがちですが、実際に重要なのは、
ターゲットの筋肉に効いているかどうかではありませんか?

 

挙上重量を追い求めると、なるべく弱い筋肉を使わず、全身を連動させて、うまく上げるように体が働きます。
すると使われなかった部位に筋肉がつくことは、いつまで経ってもありません。

 

トレーニングフォームというのは、見た目も重要ですが、
どの筋肉に負荷をかけて動かしているのかが、結果を左右するのです。

 

ベンチプレスは、大胸筋がつくはずなのに、腕しか筋肉痛が来ない。
なんて経験は、ありませんか?

 

他にも、
三角筋の収縮を感じたことは?
広背筋に刺激の入る軌道は?
などなど、トレーニングは、本当に奥の深い世界ですね。

 

改めてお聴きします。

 

今、あなたがやっている、そのトレーニング・・・
どこに効いていますか?

 

関連記事

目的をフォーカスする

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

続・筋トレは、筋肉がつく?

2016/01/08

年末年始は、いかがお過ごしでしたか?
ゆっくりできた人も、忙しかった人も、本年が素敵な年になることをお祈り申し上げます。

 

さて、さっそく前回の続きです。

前回の記事が、まだの方は、こちらから

「筋肉は、なぜつくのか。」
という問いに、

「必要だからです。」と答えました。

 

落ち着いて言葉の意味を考えてみてください。

 

筋肉は、必要だからつきます。
つまり、必要のない筋肉は、つかないのです。

 

あけましておめでとうございます。
岡崎市・パーソナルトレーニングジム姿、マネージャーの井上です。

本年もよろしくお願いいたします。

 

私たちの体は、新陳代謝や呼吸、心拍といったたくさんの事を意思とは関係なく、誰から頼まれるわけでもなく続けています。
なぜなら、それらはすべて生きるために必要だからです。
正常な脳から出る命令は、生きるために必要なことなのです。

 

そして、もうひとつ重要なことは、日ごろから激しい肉体労働をしている人以外は、脳が「筋肉は生きるために必要のないもの」と認識しているということ。

 

なぜなら、体の燃費を悪くする邪魔なものだからです。

 

裏を返せば、みなさんの今現在の筋肉量は、現時点で脳が必要であると認識している筋肉量に等しいということです。

 

ここからが重要です。
かっこよくなりたい人も、痩せたい人も、筋肉をつけるためには、「生きるために今以上に筋肉が必要だ!」と脳に認識させる必要があるわけです。

 

子どものころ、夏休みの宿題を8月終盤まで放っておいて、ケツに火が付かないとやり始められない人っていましたよね?
まさにその状態なのです。
必要に駆られないと筋肉はつかないのです。

 

ほどほどいい汗をかく程度のトレーニングで、「生きるために筋肉がもっと必要だ」と脳は思うでしょうか?

 

答えは簡単ですよね?

「限界を遥かに超える負荷」をかけてこそ、トレーニングの効果が実感できます。

それを、ぜひ実際に体験していただきたい。

 

やはり、プロのトレーナーのサポートを受けることで、ケガのリスクを抑えつつ、比較的楽に「限界を遥かに超えたトレーニング」が可能になるのです。

パーソナルだからこそ、お客様お一人ずつに合わせたトレーニングプランが提供できるという事です。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!