MENU
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 未分類

ブログ

「未分類」に関する記事

知らないとやばい!間食しない方が太る!

2024/06/13

こんにちは✨

パーソナルトレーニングジム姿 豊田店のスタッフ、鈴木です✨

今日は、絶対に伝えたいことがあり

この記事を作りました!

それはタイトルの通り

「間食しない方が太る」ってことです。

ダイエット成功には、正しい間食をお勧めします💡

 

✅ダイエット中でも、間食できる✨

✅空腹との戦いの終焉✨

✅ストレスを感じにくく、スルッと減量✨

✅リバウンドしにくい身体へ✨

こんなことになったら、本当最高じゃないですか?🥹

 

こんな夢みたいなダイエットが…

 

あるんです!!

 

でも、なぜか多くの方は、ダイエットといえば苦しいものだと考えています。

それはなぜか。

 

ズバリ!

 

間違った方法でダイエットをしているから!

なのです⚠️

ご飯抜いてみたり

糖質制限しすぎて、体調崩したり…😭

 

では、なぜ間違ったダイエットをしてしまうのか。

それは、世の中たくさんの情報が溢れていますが

その中から、正しい情報がどれなのか?がわからないから、闇雲に実践してしまうのです。

 

それではいくら頑張って結果を出せたと思っても

リバウンドしてしまったり

効果が感じられなかったりします😭

 

せっかくやるのだから

しっかり効果を感じられて

人生最後のダイエットにしませんか?

 

そのための第一歩として「間食」について知っていただければ

理想のボディをゲットする近道になること間違いなし!

 

最後までしっかりご覧くださいね📝

 

 

 

前置きが長くなってしまいましたが

とにかく…!

「ダイエットしたいなら、間食をしてください」

多くの人が驚くかもしれませんが、適切な間食はダイエット成功の鍵となります。

この記事では、その理由と、ダイエット中におすすめの間食を詳しくご紹介します。

 

📍間食しない方が太る理由

1・ 血糖値の急上昇と急降下を防ぐ

間食を摂ることで、血糖値の急上昇と急下降を防ぐことができます。

食事と食事の間に長時間空けると、次の食事で血糖値が急激に上がり、その後急激に下がることがあります。

この急激な変動は、空腹感を増幅させ、過食を誘発する原因となります。

 

2・代謝の維持

頻繁に少量の食事を摂ることで、代謝を活発に保つことができます。

長時間何も食べないと、体はエネルギーを節約しようとして代謝を遅くします。

これにより、脂肪の燃焼が減少し、体重増加のリスクが高まります。

 

3・満腹感の持続

間食を取り入れることで、満腹感を持続させることができます。

適切な間食を摂ることで、次の食事で過食するリスクを減らし、

全体的なカロリー摂取量をコントロールできます。

 

 

間食が悪くない、ってことは

ご理解いただけたと思います💡

では、具体的にどんな間食なら良いのかをご紹介しますね!

 

間食するならコレ!

👇

👇

📍おすすめの間食5選

1. アーモンド

少量で満腹感を得られるため、ダイエット中の間食に最適です🥜

アーモンドには、健康的な脂質や食物繊維、ビタミンEが豊富で、エネルギー補給にもなります。

研究によると、アーモンドの摂取は体重減少や腹部脂肪の減少に寄与することが示されています。

 

2. ブルーベリー

低カロリーで抗酸化物質が豊富🫐

ビタミンCや食物繊維も含まれており、満腹感を得られます。

研究によれば、ブルーベリーは脂肪細胞の生成を抑制し、脂肪燃焼を促進する可能性があることが示されています。

 

3. ギリシャヨーグルト

無糖がおすすめ!

(苦手な方は、ハチミツやフルーツを添えて✨)

低カロリーで高タンパクな間食です。

プロバイオティクスが含まれており、腸内環境を整える効果もあります。

ギリシャヨーグルトのタンパク質が筋肉の成長と修復に効果的であることが確認されています。

トレーニング後に摂取すると、効果倍増です✌️

 

4. プロテインバー

持ち運びに便利で、簡単に摂取できる間食です。

高タンパクなため、筋肉の維持や成長に役立ちます。

トレーニング後にプロテインバーを摂取することで、効果的に栄養を補給できます👍

 

5. ダークチョコレート

抗酸化物質が豊富で、エネルギー補給にも役立ちます🍫

トレーニングの後に、一口のダークチョコレートを楽しむことで、リフレッシュ効果も期待できます。

研究では、ダークチョコレートの摂取が食欲抑制に役立つことが確認されています🧪

でも、食べ過ぎはダメですよ🙅

 

 

間食は我慢することはありません👍

正しく、適切に適量を摂れば、なんの問題もありません🙆

 

ソイプロテイン女性向けのデメリット:知っておきたい5つのポイント

2024/05/28

プロテインは、健康的な体づくりや美容を目指す女性にとって欠かせない栄養素です。

しかし、プロテインの中でもソイプロテインは、その特有のデメリットに注意が必要です。

 

本記事では、ソイプロテインが女性の体に与える影響や、摂取する際の注意点を詳しく解説します。

適切な知識を持ち、賢くソイプロテインを活用することで、理想の体づくりを目指しましょう。

 

ソイプロテインとは?

 

ソイプロテインの基本知識

 

 

ソイプロテインは大豆から抽出される植物性のたんぱく質で、プロテインの一種です。

大豆には多くの栄養素が含まれており、その中でもタンパク質が豊富に含まれています。

ソイプロテインは主に筋肉の修復や成長をサポートするために利用されます。

また、大豆イソフラボンという成分も含まれており、女性のホルモンバランスに影響を与える可能性があります。

 

 

女性が選ぶプロテインの種類

 

プロテインを選ぶ際には、植物性プロテインと動物性プロテインの2種類があります。

植物性プロテインにはソイプロテインの他にも、ピープロテインやライスプロテインなどがあります。

これらは動物性プロテインに比べて消化吸収がやや遅く、筋肉増強には効果が限定される傾向がありますが、体に負担をかけにくい特徴があります。

 

一方、動物性プロテインにはホエイプロテインやカゼインプロテインがあり、特に筋肉増強や修復に効果が高いとされています。

 

女性が選ぶ場合は、目的や体質、健康状態に応じて適切なプロテインを選ぶことが重要です。

 

 

ソイプロテインのデメリット

 

ホルモンバランスへの影響

 

 

ソイプロテインに含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た作用を持つため、摂りすぎるとホルモンバランスが乱れる可能性があります。

 

特に、妊娠中やホルモンバランスが敏感な時期には注意が必要です。

 

 

筋肉増強への不向きさ

 

 

ソイプロテインは必須アミノ酸のバランスが他のプロテインに比べて劣っているため、筋肉増強や筋肉の修復には適していないとされています。

 

筋力トレーニングを行っている人や筋肉増強を目指す人には他のプロテインの利用が推奨されます。

 

 

男性ホルモンへの影響

 

 

大豆イソフラボンが男性ホルモンに影響を与える可能性があるため、男性の場合は過剰な摂取を避けることが重要です。

 

特に、テストステロン値を上げたい人や筋肉増強を目指す人は、女性であっても、他のプロテインが適しています。

 

 

 

溶かす際の粉っぽさと飲みにくさ

 

 

ソイプロテインを水や牛乳に溶かすと粉っぽさや独特の風味が感じられることがあります。

 

これによって飲みにくさを感じる人もいます。

 

摂取方法や調整方法を工夫することで、飲みやすくすることができますが、個人の好みによって異なる場合もあります。

 

 

ソイプロテインを摂取する際の注意点

 

適切な摂取量の確認

 

 

ソイプロテインを摂取する際には、適切な摂取量を確認することが重要です。

 

一般的には、体重や目的に応じて1日あたりの摂取量を調整します。

 

過剰な摂取は健康に悪い影響を与える可能性があるため、指定された摂取量を守るようにしましょう。

 

 

 

摂取後の体調変化の観察

 

ソイプロテインを摂取した後は、自身の体調変化を観察することも大切です。

 

消化不良やアレルギー反応などの問題が起きた場合は、摂取量や摂取方法を見直す必要があります。

 

定期的な体調チェックや医師との相談も適切です。

 

 

 女性の体への影響とその対策

 

ルモンバランスを保つための工夫

 

 

ソイプロテインを摂取する際には、女性特有のホルモンバランスを保つための工夫が重要です。

 

摂取量や摂取タイミングを適切にコントロールし、健康的なホルモンバランスを維持することが大切です。

 

また、定期的な健康診断や医師のアドバイスを受けることも効果的です。

 

 

筋肉増強や体作りのための補助手段としての利用法

 

 

ソイプロテインは筋肉増強や体作りの補助手段として利用することができます。

ソイプロテインを取り入れる最大のメリットは、吸収の遅さです。

消化吸収が遅いことで、長い時間をかけて筋肉にアミノ酸が供給されることが期待できます。

 

適切な摂取量や摂取タイミングを把握し、トレーニングや運動と組み合わせることで効果的に筋肉を増強することができます。

 

ただし、他の栄養素やバランスの良い食事と併用することが重要です。

 

 

他のプロテインとの組み合わせの有効性

 

 

ソイプロテインを他のプロテインと組み合わせることで、より効果的な体作りや筋肉増強が期待できます。

例えば、ソイプロテインとホエイプロテインを組み合わせることで、必要な栄養素をバランスよく摂取することができます。

 

目的やトレーニング内容に合わせて、適切なプロテインの組み合わせを考えましょう。

 

 

まとめ

ソイプロテインのデメリットと利点のバランス

 

 

ソイプロテインを摂取する際には、そのデメリットと利点のバランスを考えることが重要です。

デメリットとしてはホルモンバランスへの影響や筋肉増強への不向きさがありますが、利点としては大豆イソフラボンを摂れることや身体への負担が比較的少ない点が挙げられます。

 

個々の体質や目標に応じて、適切な摂取量や摂取方法を選択し、バランスを保つことが重要です。

 

 

 

個々の体質や目標に合わせたプロテイン選びの重要性

 

 

プロテインを摂取する際には、個々の体質や目標に合わせた適切なプロテインの選び方が重要です。

ソイプロテインだけでなく、ホエイプロテインやカゼインプロテインなど、様々な種類があります。

 

自身の体質やトレーニング内容、健康状態を考慮して、最適なプロテインを選択しましょう。

 

 

 

 

健康的な体づくりに向けた取り組みの方向性

 

 

健康的な体づくりを目指すためには、バランスの取れた食事と適切な運動を継続することが重要です。

プロテインはそのサポート役として利用できますが、それだけでなく栄養素のバランスや運動習慣の見直しも必要です。

 

また、摂取量や摂取方法に注意しながら、健康的な体づくりに向けた取り組みを継続していくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

ガリガリな人が太りたいけど太れない理由と、効果的な増量方法

2024/04/03

 

 

ガリガリな人の悩みと太りたい願望

 

 

ガリガリな人が太りたいと思ってもなかなか太れない、これは身近な課題として多くの人が直面している悩みの一つです。

 

一般的には、痩せたいのに痩せられない人の方が多いように思われがちですが、その逆の悩みを抱えている人も実は少なくないのです。

 

 

太りたいと願いながらも、どれだけ食べても太らないと感じることは、本人にとっては深刻な問題となります。

 

ここでは、そうした悩みや太りたい願望に関連するキーワードを交えつつ、その背後に潜む理由を一般の方にもわかりやすく解説してみましょう。

 

 

ガリガリな人の悩みとは?

 

 

ガリガリな人が直面する主な悩みは、「いくら食べても太らない」ということです。

食事量を増やしても、なかなか体重が増えない状態に陥り、これが日常生活において自己評価や健康に対する心配を引き起こします。

 

この悩みは、単なる外見の問題だけでなく、栄養不足や免疫力の低下といった健康上のリスクも伴うことがあります。

 

 

太りたい願望とは?

 

 

太りたい願望は、単に外見の向上だけでなく、健康をサポートするために必要な体重を維持したいという願望も含まれます。

 

しかし、太りたいと思っても太れない状態にある人は、その理由を理解し、適切なアプローチを見つけることが重要です。

 

 

 

 

 

なぜ太れないのか?

 

 

 

 

 

ガリガリな人の特徴には、痩せ型であること以外にもいくつかの共通点があります。

太れない体質の人は、一般的に基礎代謝が高いとされ、エネルギーを消費しやすい体質だと言われています。

 

実際にそういった内容の記事がインターネット上にあふれています。

ですが、私はその意見には、かなり懐疑的です。

 

なぜなら、そういった記事の結論には、「運動をして代謝を上げましょう」とあります。

代謝が高い事が原因で太れないのなら、運動せず代謝を下げる努力をするべきではないでしょうか?

この理論は、完全に矛盾していて、なんの説得力もないように感じられます。

 

このような矛盾した事を書いている記事にダマされないでください!

 

 

 

基礎代謝は、性別、年齢、身長、体重などから計算します。

もちろんこれは、目安の数字で、体質により実際の数値は人それぞれです。

 

この一般的な計算方法によると

身長は高いほど、体重は重いほど基礎代謝は高くなります。

ガリガリで困っている人は、体重は少ないはずです。

 

また、基礎代謝は、基本的には筋肉量に比例します。

筋肉量が少なく、見た目がガリガリな人は、太りやすいはずなのです。

 

 

はたして、この科学的な計算方法を追い越すほどの特異な「体質」なのでしょうか?

もちろん、遺伝的な傾向も影響します。

親から受け継いだ遺伝子が代謝速度や体脂肪の蓄積に影響を及ぼすことは十分に考えられます。

 

しかし、遺伝など先天的な物を理由にしてしまうと、太りにくく生まれてしまった人は、完全に諦めるしかなくなります。

 

 

私は、そうは思いません。

実際に、何人もの増量希望者が当ジムに通われました。

たしかに、太りにくい人はいますが、太れない人はいませんでした。

私自身もそのうちの一人です。

 

つまり、ごく一部の人を除いて、「体質」はそこまで厳しく立ちはだかる壁では、ありません。

そして、その「体質」も、改善できます。

 

 

では、なぜ頑張って食べているのに太れないのか…

 

それは、食事が一番の原因であると考えます。

 

 

 

食べても太れない理由

 

 

ガリガリな人がいくら食べても太れない理由は、主に二つあります。

 

 

1.食べている量が足りていない。

 

2.食べている物が、消化吸収できていない。

 

 

1.食べている量が足りていない。

 

これは、言葉の通り「足りていない」という事です。

 

残念ながら、どれだけ頑張っているかは、関係ありません。

成果を得るために必要な量があり、それを満たしていないのなら「足りていない」のです。

 

勘違いしてほしくないのは、頑張っても無駄だという意味ではけっしてありません。

これは、逆もしかりなのです。

頑張らなくても、食べる量が足りていれば体重は増えるのです。

 

食が細い人の心理と要因

 

食が細い人は、心理的な要因なども影響しています。

ストレスや不安が食欲を抑制し、これが長期間続くと体重維持が難しくなります。

 

また、食事の量や種類に好みがあり、これが栄養バランスを崩すことも考えられます。

 

 

さらに、胃の大きさもかなり影響します。

 

胃が小さい人は、頑張って満腹まで食べても、まだ足りていない場合が出てきてしまうのです。

 

 

2.食べている物が、消化吸収できていない。

 

 

たくさん食べると、胃が気持ち悪くなったり、下痢を引き起こしてしまう人がこれに当たります。

また、プロテインを飲むと体調の悪さを感じたりするのも、たんぱく質がちゃんと消化吸収されていないことが考えられます。

 

 

そういった方は、まずは体調が悪くならないご自身の適正量を見つけ出したり、腸内環境の改善に取り組んだりすることをお勧めします。

 

 

 

食事の重要性とプロテインの役割

 

 

太りにくい人が摂るべき栄養素

 

 

太りにくい人が摂るべき栄養素には、バランスの取れた食事が不可欠です。

理想を言えば全部という事です。

 

優先順位的には、まず、十分なエネルギー源となる炭水化物を摂取することが重要です。

これにより、胃が小さい人でも十分なカロリーを摂ることができます。

 

また、脂質やたんぱく質も適量摂取することで、栄養バランスが整い、体重の増加がサポートされます。

 

ビタミンやミネラル、塩供物繊維も欠かせず、野菜や果物からバラエティ豊かに摂ることで、健康を維持できます。

 

 

太りたい人にとってのプロテインの効果

 

 

たんぱく質は、太りたい人にとって重要な栄養素です。

 

なぜなら、たんぱく質は筋肉の構造成分であり、摂取することで筋肉量を増やすことが期待できます。

 

筋肉が増えることで、体形が改善し、ガリガリな印象ではなくなります。

 

また、時間がない時や食事以外のタイミングでもたんぱく質を摂取できるように、プロテインも活用する事をお勧めします。

 

 

 

ガリガリな人が体重を増やすためのたんぱく質摂取法

 

 

ガリガリな人が体重を増やすためには、適切なたんぱく質摂取法が重要です。

 

たんぱく質は食事から摂取できるだけでなく、サプリメント(プロテインシェイク)も手軽に活用できます。

 

摂取量は個人の体重や目標によって異なりますが、トレーニングをしない日も含めて、日常的に摂ることが効果的です。

 

 

また、たんぱく質を含む食事には、炭水化物や脂質もバランスよく摂ることが大切です。

 

これにより、栄養の取り込みやすい状態を作り出し、体重増加がサポートされます。

 

 

 

 

 

 

 

太りにくい体質を変えるためのトレーニング

 

 

 

 

 

脱ガリガリ! 筋トレと食事の相乗効果

 

 

ガリガリな体質を変えるためには、運動と食事の両面からアプローチすることが効果的です。

 

 

特にウエイトを使った筋トレと食事の組み合わせが、相乗効果を生むことが知られています。

 

 

 

筋トレと食事の組みあわせで、摂取した栄養が筋肉に取り込まれやすくなり、健康的な体重の増加が期待できます。

 

 

 

 

太りたいけど太れない人のための効果的な筋トレメニュー

 

 

太りたいけど太れない人にとって、効果的な筋トレの種目は、体の中で大きな割合を占める大筋群をメインに扱う全身種目です。

 

 

つまり、筋肉を増やし、基礎代謝を向上させることがポイントなのです。

 

 

ウェイトを使った筋力トレーニングにより、特に大きな筋肉群を鍛えることで、代謝が向上し、消費エネルギーが増加します。

これにより、食事をしっかりと消化し、栄養素を吸収しようとして、体質が改善していきます。

 

 

ガリガリな体質を変えるためには、トレーニングと食事の相乗効果を最大限に引き出すことが鍵となります。

これらのアプローチを組み合わせ、計画的かつ持続的な取り組みを心掛けましょう。

 

 

 

 

 

結論

 

 

 

 

 

ガリガリな人が太るための継続的な努力とアプローチ

 

 

 

ガリガリな体質を変えて、理想的な体形に近づくためには、継続的な努力と計画的なアプローチが不可欠です。

 

ただし、焦りや無理な食生活は逆効果となりかねません。

 

 

以下は、ガリガリな人が太るためのアプローチのポイントです。

 

 

 

1. 食事の質と量を意識的にコントロールする

 

 

摂るべき栄養素に注意し、バランスのとれた食事を心掛けることが大切です。

必要なたんぱく質の量を確保しつつ、なるべくたくさんの炭水化物を摂るように心掛けましょう。

 

食事量を増やす際にも、健康的な食材を重点的に選びましょう。

 

 

 

 

2. プロテイン摂取を効果的に行う

 

 

たんぱく質は筋肉の構造成分であり、摂取することで筋肉量を増やし、基礎代謝を向上させることが期待できます。

サプリメントのプロテインシェイクを活用する事で、適切な量のたんぱく質を摂れるように習慣づけていきましょう。

 

 

 

3. 筋トレと適度な有酸素運動

 

 

 

ガリガリな体質を変えるためには、しっかりと筋トレをして筋肉を大きくすることが効果的です。

 

特に大きな筋肉群を中心にトレーニングし、基礎代謝をアップさせましょう。

 

適切なトレーニング強度を確保するために、プロのトレーナーに教わることは、とても有効です。

 

 

 

4. 睡眠とストレス管理

 

 

 十分な睡眠とストレス管理も体重増加に影響します。

良質な睡眠とストレスの軽減が、トレーニングの成果を最大限に引き出す手助けとなります。

 

 

 

5. 規則正しい生活習慣の確立

 

 

 

無理なく続けられる生活習慣を確立し、食事やトレーニングをルーティン化することが大切です。

 

体質や体形を変えることは、一朝一夕にはいきません。

継続的な取り組みこそが、成果を生む唯一の方法です!

 

 

 

 

 

 

 

最後に、自分のペースで進め、自分らしい方法で体重増加を目指しましょう。

体の変化がありましたら、喜びや成果をシェアしてください。

応援しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

ただしいダイエットのすすめ その2

2024/03/13

ダイエットをする上で、リバウンドはみなさん避けたいですよね。

そもそもリバウンドとは、どういう物なのでしょうか?

リバウンドしなければ、ダイエット成功なのでしょうか?

 

 

みなさんこんにちは。

パーソナルトレーニングジム姿 岡崎店マネージャーの井上です。

 

前回の記事では、リバウンドについて「目的と行動と結果」という観点で掘り下げて書きました。

ダイエットは、減量とは別物。

なので、そもそも体重を減らすことが目的ではないのです。

つまり「体重が増える=リバウンド」ではないわけです。

 

詳しくは、前回の記事をご覧ください。

 

では、ダイエット失敗の状態「リバウンド」とは、どんな状態を表すのでしょうか。

 

今回は、その話をする前に、まずは「ダイエット成功」について考えていきたいと思います。

 

前回の記事で、

目的はみなさん様々で

主に

「体形」

「筋力」

「健康」

などが上げられる話をしました。

 

もう一つ、とても需要の高い要素としては、「運動不足解消」です。

ここ100年で、日本はとても便利になり、電車や地下鉄が充実している都会に住んでいる人でなければ、一家に一台以上自動車があり、家から目的地まで座ったまま着いてしまいます。

その分、運動不足に対する危機感を持って当ジムに来られる人は少なくありません。

 

たくさん歩かなくても生活できる便利な世の中になったので、運動する時間を別で設けて頑張らないといけない不便な世の中になったとも言えます。

運動不足が及ぼすデメリットは、ストレスがたまりやすかったり、ホルモンの分泌が滞ったりも含めると、万病の元といっても過言ではありません。

そして、筋力低下による生活への支障などなど・・・

膝や腰が毎日痛むのを年齢のせいにして諦めるなどは、本当に嘆かわしいです。

 

さあ、これら

「体形」

「筋力」

「健康」

「運動不足解消」

に対してしっかりと改善していくための方法は何でしょう。

 

それは、やはり「食事」と「筋トレ」のセットでしょう。

 

なぜなら

人間は、「骨と筋肉」でできていて、「食事」がその材料だからです。

 

結局、前回を同じ結論に行きつきます。

真理は、いたってシンプルで分かりやすい物です。

 

 

さて、ではこれから例をあげて考えていこうと思います。

 

まずは、食事管理や有酸素運動でカロリーが足りない(アンダーカロリー)状態を作り体重を落とす、昔ながらの方法です。

 

つまり、

「とにかく痩せて体重を落とす」

です。

 

正直、アンダーカロリーは、ダイエットの基本です。

オーバーカロリーの状態で、体脂肪を減らす方法を、私は知りません。

 

食事管理や有酸素運動を生活に取り入れる事で、アンダーカロリー状態になると、体脂肪などの備蓄を切り崩して生命活動を維持しなければいけなくなります。

しかし、体脂肪を燃やすよりも優先順位が高いのが、筋肉を減らす事。

筋肉を減らすことにより、生命活動に必要なカロリーを確保すると同時に、基礎代謝を下げることができます。

 

生き延びるためには、一石二鳥なのです。

 

筋肉が減ったら、どうなりますか?

「体形」・・・体形が崩れる、太りやすくなる。

「筋力」・・・体力が落ちる。

「健康」・・・膝や腰を痛めやすくなる。

「運動不足解消」・・・有酸素運動を取り入れた場合は、多少改善は見込める。

 

これでは、ダイエット成功とは言えませんよね?

 

太りやすくなった状態で、どんどん痩せにくくなり、徐々に体重が戻っていく

 

そうです。

これがリバウンドの正体なのです。

 

 

では、この失敗例を元に、理想的な結果はどういった物なのかを考えましょう。

 

ひとつ考えられるのは、

「筋肉を減らさずに体脂肪を落とす」

です。

 

たとえば、程よく筋トレを活用しながら、食事管理もしてアンダーカロリーにしていくような感じです。

 

「体形」・・・体形は崩れず細くなる分、体形はよくなる。

「筋力」・・・筋力は向上しないが、体重が落ちる分体が軽くなる。

「健康」・・・体脂肪の悪影響による生活習慣病リスクが下がる。

「運動不足解消」・・・方法による。

 

かなりいい結果が見込めるようになりました。

 

これなら、リバウンドは避けられそうです。

 

 

もっと理想は、なんでしょう?

 

 

やはり

「筋肉を増やしつつ、体脂肪を落とす」

です。

 

見込める成果も

「体形」・・・筋肉がつくことで全身が引き締まり、改善する。

「筋力」・・・筋力が強化されることで、日常の荷物が軽くなる。姿勢がよくなる。

「健康」・・・ホルモンバランスが整い、ストレスレベルも軽減される。

「運動不足解消」・・・体力が向上し、日々の生活で疲れにくくなる。

となります。

 

 

アンダーカロリーの状況で筋肉を増やすのは、アスリートレベルで言うとかなり難しい話ではあります。

ですが、一般の人のレベルで言ったら十分に可能です。

 

しかしこれには、筋トレの強度を一定以上確保する必要があります。

簡単に言ったら、「限界を遥かに超えた強度のトレーニング」です。

 

もちろん強度と言うのは、重量だけの話ではありません。

重量、回数、フォーム、頻度

すべてが重要です。

 

 

まとめますと

 

理想のダイエットは、

「筋肉を増やしつつ、体脂肪を落とす」

です。

 

そして、

それに必要なのは

 

「アンダーカロリー」

     +

「限界を遥かに超えた強度のトレーニング」

 

という事になります。

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

【動画】効かない50回より効いてる5回

2024/02/21

 

こんにちは

パーソナルトレーニングジム姿 豊田店の姿です。

 

今回は豊田市のTさんのスクワットです。

 

 

前回、

「筋トレは効いたか効かないか」

と言う結論で終えましたが、

 

たとえ50回できたとしても

効かなければ筋トレではありません。

 

効かない50回より、効いてる5回です。

 

どんなフォームでも良いのであれば、スクワット1000回余裕でできますがフォームが正しくないのであれば、1回もやる意味はないです。

 

 

・正しいフォーム

・設定重量

・オールアウト

 

 

これこそが重要であり、

たくさんできた、とかは無意味です。

 

 

できたかできないかの問題ではなく、

効果があるのかないのかの問題です。

 

スクワットが1回もできなかったとしても、トレーニング効果が最大になるようにトレーナーはテクニックを使います。

それがトレーナーの仕事です。

スクワットをやってる横で、1とか2とか数を数えてるのはトレーナーの仕事ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!

肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

 

 

 

【動画】筋トレは「効いたか効かないか」

2024/01/29

 

こんにちは

パーソナルトレーニングジム姿 豊田店の姿です。

 

今回は豊田市のKさんのスクワットです。

 

 

Kさんは、入会当初スクワットが1回できるかできないか、という感じだったのですが、今では10回くらいはできるようになりました。

 

1回から10回までの道のりは大変だったのかというと、全くそんなことはありません。

 

逆説的なことを述べていきますが、

まず、できるようになろうと思わなくても大丈夫です。

自然にできるようになっていきます。

 

また、ダイエットやパフォーマンス強化、健康維持等を実現するためにスクワットを行うのですが、正直スクワットが1回もできなくても全て実現します。

いずれできるようになるわけですが、仮に永遠に1回もスクワットができなかったとしても全て実現します。

 

なぜかと言えば、トレーナーがテクニックを使うからなのですが、要はトレーナーに丸投げしておけば、

「スクワットをできるようになろう」といった努力や決意のようなものは必要ありません。

 

筋トレは、できたかできないかではなく、

「効いたか効かないか」

です。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!

肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

 

 

ダイエット中にも楽しむ!焼肉の魅力とカロリーコントロール術:後編

2024/01/18

メニュー選びの考え方

 

ダイエット中の食事を考えるにあたって、重要なのは栄養素です。

具体的には、たんぱく質をしっかりと摂り、脂質を抑えたいです。

 

PFCバランスという考え方が理解しやすい人は、この記事の最後にPFCバランスの記事のリンクを貼っておくので、そちらもあわせてごらんください。

 

 

たんぱく質を必要量摂取するという意味では、焼肉はとてもよい選択肢です。

 

あとは、いかに脂質と糖質を抑えるかです。

 

 

脂質は、なるべく脂質の低い部位を選ぶことで抑えましょう。

糖質は、タレに含まれる糖類やサイドメニューのご飯もの、麺類、デザートの内容を気をつけましょう。

 

 

部位によっては、全体のカロリーは低いが、たんぱく質も少なく、むしろ脂質の方が多く含まれる場合もあります。

カロリーランキングなどのリストで確認する際は、注意が必要です。

 

 

 

おすすめの焼肉メニュー

 

 

 

 

ダイエット中は、より脂質の割合が低い部位を選ぶようにしましょう。

 

脂質の低いダイエット向きな部位

 

1. センマイ

 

たんぱく質:脂質の割合  10%:1%

 

 

2. コブクロ

 

たんぱく質:脂質の割合  18%:3%

 

 

3. レバー

 

たんぱく質:脂質の割合  20%:4%

 

 

4. ハツ

 

たんぱく質:脂質の割合  16%:7%

 

 

5.ミノ

 

たんぱく質:脂質の割合  25%:8%

 

 

6.ロース(赤身)

 

たんぱく質:脂質の割合  20%:10%

 

 

 

かなり脂質が高く、ダイエット中には向かない部位

 

 

ハラミ

たんぱく質:脂質の割合  13%:30%

 

 

和牛ロース

 

たんぱく質:脂質の割合  15%:40%

 

 

カルビ

 

たんぱく質:脂質の割合  10%:50%

 

 

 

低カロリーだが実は脂質が高く、ダイエットには向かない部位

 

ハチノス

 

たんぱく質:脂質の割合  12%:16%

 

 

タン

 

たんぱく質:脂質の割合  13%:32%

 

 

 

ダイエット中でも楽しめる焼肉のポイント

 

焼肉を取り入れたダイエットの際には、以下のポイントに気をつけることが大切です。

 

部位の選択が重要

 

 

低カロリーで高たんぱく質な部位を選ぶことで、美味しさを損なわずにダイエットに適した食事を楽しむことができます。

前述のおすすめ部位をはじめ、赤身の肉や鶏肉などがおすすめです。

 

 

脂質をカット

 

まずは、脂質の多い部位や油っぽいたれの使用を控えましょう。

 

次に、焼く際に余分な脂を落とすこともポイントです。

よく焼くことで、脂分をしっかり落とすことができます。

そのため、鉄板よりも網焼きの方が、脂質を抑えやすいです。

余分な脂を取り除く工夫をすることで、カロリー摂取をコントロールできます。

 

 

野菜との組み合わせ

 

 

焼肉だけでなく、焼き野菜やサラダなどを組み合わせて摂ることで、食物繊維や栄養素の摂取を促進し、満腹感を得つつカロリーを抑えることができます。

 

 

調味料の工夫

 

糖質や脂質の高いタレやソース、ドレッシングの使用に気を付けましょう。

塩など、低カロリーでヘルシーな調味料を活用することで、美味しさを損なわずにダイエットをサポートします。

 

 

適切な量の摂取

 

焼く手間がかかる焼肉は、食べるペースをゆっくりにする効果があります。

焼く間に適切な量を意識し、食べすぎを防ぎましょう。

 

 

 

 

 

焼肉を取り入れたダイエットのコツと注意点を理解し、食事のバリエーションを大切にしながら、健康的で楽しいダイエット生活を送りましょう。

 

焼肉を通じて美味しさと健康を両立させ、理想の体型を目指しましょう。

 

 

 

 

 

たんぱく質、脂質、炭水化物(PFC)バランスの重要性と理想的な摂取方法

 

 

【動画】新年のスクワット

2024/01/09

 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

パーソナルトレーニングジム姿 豊田店の姿です。

 

今回は豊田市のTさんのスクワットです。

 

 

当パーソナルジムは、1月3日から営業スタートしております。

 

Tさんは、新年スクワット第1号です。

Tさんのウォーミングアップ風景を撮らせていただきました。

 

トレーニングフォームがだんだん良くなってきており、今後さらにフォームがよくなっていくと思います。

筋トレはフォームがとても重要です。

 

ダイエット=スクワット、などとよく言われますが、

ダイエット=正しいスクワット

が本当の正解です。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!

肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

 

 

ダイエット中にも楽しむ!焼肉の魅力とカロリーコントロール術:前編

2023/12/15

近年、健康や美容への意識が高まる中、食事においてもダイエット中の選択が重要であることが、一般的になってきました。

その中で、焼肉は美味しさと楽しさを同時に味わえる魅力的な選択肢となっています。

 

ダイエット中であっても焼肉は食べてもいい物でしょうか。

 

 

焼肉はたんぱく質を豊富に含んでおり、適切な食べ方をすることで、ダイエットの味方になってくれる食べ物です。

 

 

それでは、焼肉をダイエット中に取り入れる際に、どのようにポイントを押さえればよいのでしょうか。

 

焼肉とダイエットの相性

 

 

 

焼肉は、実はダイエット中においても素晴らしい食事の選択肢となります。

 

多くの人がダイエットを始めると、美味しいものを我慢したり、食事のバリエーションが減ったりと、楽しさが少なくなりがちですが、焼肉はその中でも楽しみながら健康的なダイエットをサポートしてくれるのです。

 

 

焼肉がダイエットに有益な理由はいくつかあります。

 

 

1.たんぱく質が豊富

 

 

焼肉はたんぱく質が豊富に含まれています。

たんぱく質は、筋肉をはじめとした体の材料で、体の構築や代謝のサポートに役立ちます。

また、たんぱく質をしっかりと摂ることで、食後の満腹感を維持する助けになります。

これにより、無理な食事制限なく健康的にダイエットができるのです。

 

 

2.焼く手間がかかる

 

 

さらに、焼肉を食べる際には自分で焼くという手間がかかります。

この過程で焼きながら待つ時間があり、食べるペースがゆっくりになります。

このことが食べ過ぎを防ぎ、適切な量を摂取する助けになります。

 

 

 

総じて、焼肉はダイエット中においてもバランスの取れた栄養を提供し、楽しみながらコントロールされた食事を実現できるのです。

 

 

焼肉のカロリーとコントロール方法

 

 

焼肉は美味しさが評価される一方で、そのカロリーについて気になる方も多いことでしょう。

しかし、焼肉を適切に楽しみながらカロリーコントロールする方法があります。

 

まずは焼肉の一般的なカロリー情報を知り、その後の工夫について考えてみましょう。

 

 

 

焼肉の一般的なカロリー情報

 

 

 

焼肉のカロリーは、焼く部位や脂肪分の量によって異なります。

一般的な焼肉の約100gあたりのカロリーは、肉の種類によっても変動しますが、約200〜300kcal程度と言われています。

特に脂身が多い部位や、タレの使用量が多い場合は注意が必要です。

 

 

 

 

焼肉で太らないための食べ方

 

 

 

焼肉を楽しみながらも、体重増加を防ぐ方法があります。

焼肉は美味しさを追求する食べ物ですが、適切な食べ方を心掛けることで、カロリーを抑えつつも満足感を得ることができます。

 

以下は焼肉で太らないための食べ方のコツです。

 

 

部位の選択

 

 

焼肉を選ぶ際には、脂肪分の少ない部位を選ぶことが大切です。

 

まずは、赤身を選びましょう。

赤身の肉や脂身の少ない部分を選んで焼くと、満足感を得ながらもカロリーを抑えることができます。

 

 

食べるペースをゆっくりに

 

 

焼肉は自分で焼く作業があり、それによって食べるペースがゆっくりになります。

焼く間に脂分が多くない部分を選ぶ、または余分な脂を取り除くなど、食べる際に工夫する余裕が生まれ、適切な量を摂ることができます。

 

 

野菜と一緒に食べる

 

 

焼肉だけでなく、野菜も積極的に摂るようにしましょう。

野菜は食物繊維が豊富で、消化を遅くする効果があり、満腹感を提供しつつカロリーを抑える助けになります。

 

 

調味料の注意

 

 

調味料やたれの使用量に気を付けましょう。

肉で気をつけるべきは脂質ですが、糖質はほとんど含まれません。

糖質の摂りすぎは、たれやサイドメニューを気を付けなくては防げません。

 

高カロリーなたれやソースを避け、塩などヘルシーな調味料を活用することで、美味しさを損なわずにカロリーをコントロールできます。

 

 

 

 

焼肉を楽しむ際にこれらのコツを取り入れることで、美味しさを損なわずに体脂肪増加を抑えることができます。

 

焼肉を食べる喜びとダイエットを両立させ、楽しい食事を味わいながら理想の体型を目指しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

 

たんぱく質、脂質、炭水化物(PFC)バランスの重要性と理想的な摂取方法

2023/11/30

 

 

1: PFCバランスの基本

 

• PFCバランスとは:

 

 

 

PFC(Protein、Fat、Carbohydrate)バランスは、食事中のタンパク質、脂質、炭水化物の適切な比率を指します。

このバランスは健康的な生活とダイエットにおいて重要です。

 

 

 

• 3大栄養素の役割:

 

 

 

3大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物はそれぞれ体内で異なる役割を果たします。

タンパク質は筋肉や組織の修復に貢献し、脂質はエネルギー源として機能し、炭水化物はエネルギーの主要な供給源となります。

 

バランスが偏ると健康に影響が出ます。

 

 

 

2: 理想のPFCバランス

 

 

 

• 理想的なPFCバランスの意味:

 

 

理想的なPFCバランスは、個々のニーズに合わせたタンパク質、脂質、炭水化物の比率を指します。

このバランスは体重管理、エネルギー供給、代謝の調整に影響を与えます。

個人の目標や生活スタイルによって適切なバランスは異なり、食事計画において重要な要素です。

 

 

 

• PFCバランスのおすすめの割合:

 

 

 

一般的なガイドラインでは、理想的なPFCバランスは

 

 

約20-35%のタンパク質

20-35%の脂質

45-65%の炭水化物

 

 

から成り立つことが推奨されています。

 

ただし、個人の目標や身体状態に応じて微調整が必要です。

 

 

 

 

 

3: PFCバランスの計算方法

 

 

• 自身の理想的なPFCバランスを計算する4ステップ:

 

個人のPFCバランスを計算するために、以下の4つのステップを実行します。

 

 

1. 必要なカロリーを知る:

 

まず、自身の日々のエネルギー摂取量を計算します。

これは、年齢、性別、活動レベルによって異なります。

 

2. タンパク質の計算方法:

 

タンパク質は体重や活動度に基づいて計算され、通常体重の1キログラムあたり1.2〜2.2グラムが推奨されます。

 

3. 脂質の計算方法:

 

 

脂質の摂取目標は総カロリーの20-35%とし、個人の好みに応じて分配します。

 

4. 炭水化物の計算方法:

 

 

炭水化物は残りのカロリーから計算し、残りのカロリーを4で割ることでグラム数に変換します。

 

 

4: PFCバランスの実践

 

• 実践する上での食事のポイント:

 

PFCバランスを実現するために、まずは上記の通りそれぞれの目標摂取量を割り出します。

 

導き出された数値をもとに、炭水化物と脂質は、3等分します。

朝ご飯をしっかり食べられない人は、多少調整が必要になると思います。

 

たんぱく質は、20~30gずつを数回に分けて摂取します。

3度の食事+プロテインを飲むことで、一日を通してこまめに供給してあげましょう。

 

バランスのイメージは、主食を毎食摂取し、副菜(野菜)は主菜(肉・魚)の倍の量を摂ることが重要です。

 

適切なバランスを保つために、食事のバリエーションを増やし、新鮮な食材を選びましょう。

 

 

コンビニやスーパーで済ませる際は、食品ラベルを読んでタンパク質、脂質、炭水化物の含有量を確認し、健康的な選択をするのが良い方法です。

 

 

 

5: PFCバランスと健康づくり

 

 

 

• ダイエットや健康づくりにPFCバランスが大事な理由:

 

 

PFCバランスが保たれることは、体重管理や健康づくりに不可欠です。

適切なバランスはエネルギー供給を調整し、代謝を正常に保つのに役立ちます。

また、タンパク質、脂質、炭水化物の適切な摂取は、筋肉の維持、免疫システムの強化、エネルギーレベルの安定化に寄与します。

 

 

• PFCバランスが崩れるとどうなるのか:

 

 

不適切なPFCバランスは、体重増加、栄養不足、エネルギー不足、代謝異常、健康問題のリスクを高める可能性があります。

したがって、PFCバランスの意識的な維持は健康的な生活をサポートする重要な要素です。

 

 

6: PFCバランスと運動

 

 

• 理想的な運動と食事内容のバランス:

 

生きていく上で、食事はとても重要です。

体は、食べているものでできています。

 

骨と筋肉が体を支え、消化器官や血液などが生命活動を継続しています。

それらの材料を、食事によって栄養摂取するわけです。

あらゆる機能を滞りなく円滑に進めるためには、ビタミンやミネラルなども必要です。

 

そして、体を形作る骨と筋肉にとっては、運動する事が栄養摂取と同等に大切です。

 

体力を取り戻したかったり、体形を整えたいと考えるなら、トレーニングは不可欠です。

筋肉が少なくなると、極端に太りやすくなり、体の動きも悪くなり、体形も崩れます。

 

 

それは、筋肉が足りないからであり、決して年齢のせいではありません。

 

 

 

7: PFCバランスのQ&A

 

 

• バランスが崩れたらどうなるの?:

 

バランスの崩れはエネルギー不足、栄養不足、体重増加、代謝異常、筋肉損失などのリスクを伴います。

健康に影響を及ぼす可能性があるため、バランスを保つことが重要です。

 

• バランスを整えると痩せるの?:

 

 

バランスを整えることは健康的な体重管理に役立ちますが、単独で痩せることを保証しません。

運動、カロリー摂取、生活スタイルも考慮する必要があります。

 

 

• 炭水化物をこんなに摂って大丈夫?:

 

 

炭水化物の摂取は個人に依存し、活動レベルや健康状態によって異なります。

バランスの取れた炭水化物の摂取はエネルギー供給に重要ですが、過剰な摂取は体重増加につながる可能性があるため、個別のニーズに合わせて調整すべきです。

 

 

9: まとめ

 

 

 

 

PFC(Protein、Fat、Carbohydrate)バランスは食事中のタンパク質、脂質、炭水化物の適切な比率を指し、健康的な生活やダイエットに不可欠です。

理想的なPFCバランスは個々のニーズに合わせた比率であり、一般的なガイドラインでは、20-35%のタンパク質、20-35%の脂質、45-65%の炭水化物が推奨されます。

 

 

PFCバランスの計算には、必要なカロリーを知り、タンパク質、脂質、炭水化物の摂取目標を計算する4つのステップがあります。

食事実践では、各目標摂取量を割り出し、バランスを保つために食事のバリエーションを増やし、食品ラベルを確認することが大切です。

 

 

PFCバランスの保持は体重管理や健康づくりに不可欠であり、不適切なバランスは健康問題のリスクを高めます。

適切なPFCバランスはエネルギー供給の調整や代謝の正常化に寄与し、健康的な生活をサポートします。

運動とのバランスも重要であり、トレーニングは体力を取り戻し、体形を整えるために不可欠です。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

筋トレの頻度を考える 6 ~長期的なトレーニングの続け方と成功の秘訣

2023/11/10

 

 

 

 

 

 

モチベーションを維持しながらトレーニングを続ける方法

 

 

 

ジムでのトレーニングを続けることは、成果を得るためには欠かせない要素ですが、モチベーションを維持することは時折難しいものです。

継続的なモチベーションを保ちながらトレーニングを続けるためには、工夫と意識的な努力が必要です。

モチベーションを維持しながらトレーニングを続ける方法について詳しく解説します。

 

 

1. 目標の設定と可視化

 

 

 

トレーニングのモチベーションを維持するためには、明確な目標の設定が不可欠です。

目指す姿や成果をイメージし、それを実現するためのプランを立てましょう。目標を可視化することで、努力が報われる未来を実感しやすくなります。

 

 

 

2. 小さな成功を大切に

 

 

 

目標を大きく設定する一方で、小さな成功も大切にしましょう。

毎回のトレーニングで少しずつ成果を感じることが、モチベーションを高めるポイントです。

自分自身の進化を確認することで、トレーニングを続ける意欲が湧きます。

 

 

 

3. バラエティ豊かなトレーニング

 

 

 

モチベーションを保つためには、トレーニングのバリエーションを取り入れることが効果的です。

同じメニューばかりでなく、新しいエクササイズや挑戦を取り入れることで飽きずにトレーニングを楽しむことができます。

 

 

 

4. トレーニング仲間とのコミュニケーション

 

 

 

仲間と一緒にトレーニングすることは、モチベーションを高める手段の一つです。

励まし合ったり、競い合ったりすることで、楽しさや責任感が生まれます。

トレーニング仲間とのコミュニケーションを大切にしましょう。

 

 

 

5. 進化と成果を記録する

 

 

 

自身の進化や成果を記録することは、モチベーションを保つ手助けになります。

トレーニングの進捗や体の変化を写真やメモで残し、過去との比較を通じて成果を実感しましょう。

記録を振り返ることで、トレーニングの意義を再確認できます。

 

 

 

6. 柔軟なトレーニングスケジュール

 

 

 

モチベーションを保つためには、柔軟なトレーニングスケジュールを心掛けましょう。

無理なくトレーニングを組み込みつつ、生活の変化や状態に合わせて調整することが重要です。

無理をしないことで、長期的なモチベーションを維持できます。

 

 

 

 

 

 

 

成果を維持し続けるための戦略とアドバイス

 

 

 

 

トレーニングの成果を得ることは大変な努力が必要ですが、それを維持し続けることこそが真の挑戦です。

一度得た成果を長期間にわたってキープするためには、戦略的なアプローチと習慣化が不可欠です。

 

、成果を維持し続けるための戦略とアドバイスについて詳しく解説します。

 

 

 

1. 持続可能な習慣の確立

 

 

 

成果を維持するためには、トレーニングや食事といった健康的な習慣を確立することが重要です。

短期的な変化ではなく、長期間にわたって続けられる習慣を築くことで、成果をキープしやすくなります。

毎日の行動を見直し、健康的な生活スタイルを維持しましょう。

 

 

 

2. プログレッションの継続

 

 

 

成果を維持するためには、トレーニングのプログレッションを続けることが大切です。

トレーニングの難易度や負荷を徐々に上げることで、筋肉や体力の成長を促進し続けることができます。

定期的なプログレッションを取り入れ、トレーニングをモチベーションを維持しながら進化させましょう。

 

 

3. ダイエットと栄養の習慣

 

 

 

成果を維持するためには、適切な食事と栄養摂取も欠かせません。

健康的な食事習慣を維持し、バランスの取れた食事を心掛けましょう。

必要な栄養素を摂取することで、筋肉の維持や体脂肪のコントロールをサポートします。

 

 

 

4. 週のスケジュールの最適化

 

 

 

成果を維持するためには、週のスケジュールを最適化することが重要です。

トレーニングや食事だけでなく、睡眠やリラックスの時間も考慮しましょう。

バランスの取れたスケジュールを維持することで、疲労の蓄積を防ぎ、成果を持続させることができます。

 

 

 

5. 継続的な目標設定

 

 

 

成果を維持するためには、継続的な目標設定が効果的です。

定期的に新しい目標を立て、それを追求することでモチベーションを維持しましょう。

目標があることで、トレーニングに対する意欲を高めることができます。

 

 

 

6. 自身の変化を理解

 

 

 

成果を維持するためには、自身の変化を理解することが大切です。

トレーニングの効果や体の反応が変化することもあります。

定期的なボディチェックや評価を通じて、変化に適切に対応しましょう。

 

 

 

 

 

 

未来のトレーニングトレンドと科学的アプローチの展望

 

 

 

 

トレーニングの世界は絶えず進化しており、新しいトレーニングトレンドが次々と登場しています。

これからのトレーニングの展望を見据える際には、科学的なアプローチと最新の研究結果に基づくトレンドが重要なポイントです。

 

未来のトレーニングトレンドと科学的アプローチの展望について解説します。

 

 

 

1. 個別指導とデータ分析の重要性

 

 

 

未来のトレーニングトレンドは、個別の特性や目標に合わせたトレーニングプランの提供が重視される傾向があります。

データ分析を活用して、トレーナーや専門家が個々のニーズに合わせたプログラムを提供することで、より効果的な成果が期待できます。

 

 

 

2. ハイテクウェアラブルデバイスの活用

 

 

 

テクノロジーの進化により、ウェアラブルデバイス(スマートウォッチなどの身に着けるタイプの電子機器アイテム)やトレーニングアプリがトレーニングのサポートに活用されることが増えています。

心拍数、運動量、睡眠などのデータを計測し、トレーニングの最適化や健康状態の管理に役立てるトレンドが加速するでしょう。

 

 

 

3. 複合的なトレーニングアプローチ

 

 

 

単一のトレーニング方法だけでなく、複数のアプローチを組み合わせる「複合的なトレーニング」が注目されています。

筋力トレーニング、有酸素運動、柔軟性トレーニングなどを組み合わせることで、総合的な健康とパフォーマンス向上を実現するトレンドが広まるでしょう。

 

 

 

4. 睡眠とストレス管理の統合

 

 

 

未来のトレーニングでは、トレーニングだけでなく睡眠とストレス管理の重要性も強調されるでしょう。

質の高い睡眠や適切なストレス管理がトレーニングの成果に影響を与えるため、総合的な健康ケアがトレンドとなる見込みです。

 

 

 

5. 科学的根拠に基づくアプローチ

 

 

 

未来のトレーニングトレンドは、科学的な研究結果やデータに基づくアプローチがますます重要になるでしょう。

トレーニング効果や最適なプログラムの設計に科学的根拠を持たせることで、より効果的なトレーニングが行われるようになると予想されます。

 

 

 

6. メンタルヘルスとトレーニングの結びつき

 

 

 

トレーニングとメンタルヘルスの関連性が注目を集めており、未来のトレーニングではメンタルヘルスの向上を目指すアプローチが増えるでしょう。

ストレス軽減やリラックスを促すトレーニングが取り入れられ、心身の健康をトータルでサポートするトレンドが広まると考えられます。

 

 

 

まとめ

 

 

 

楽しみながら続けるモチベーションの秘訣

 

 

モチベーションを維持しながらトレーニングを続けるためには、目標設定や小さな成功、バラエティ豊かなトレーニング、仲間とのコミュニケーションなど、様々な方法を取り入れることが重要です。

 

トレーニングを楽しみながら成果を追求し、持続可能なモチベーションを築いていきましょう。

 

 

長期的な健康と成果の維持

 

成果を維持し続けるためには、持続可能な習慣の確立やプログレッションの継続、栄養とスケジュールの最適化など、様々な戦略が必要です。

 

長期的な健康と成果を維持するために、バランスの取れた生活スタイルを築き、自身の変化に適応する柔軟性を持ちながらトレーニングを続けましょう。

 

 

 

科学と技術の融合による未来のトレーニング

 

未来のトレーニングトレンドは、科学的アプローチと最新のテクノロジーの融合によって形成されるものと考えられます。

 

個別指導、ハイテクウェアラブルデバイスの活用、複合的なトレーニング、睡眠とストレス管理、科学的根拠、メンタルヘルスへの関心などが注目され、より効果的なトレーニングが展開される未来が期待されます。

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

筋トレの頻度を考える 5 ~個人差とトレーニングアプローチ

2023/10/30

 

 

 

個人差に影響される筋トレの成果とアプローチ

 

 

筋トレの成果は人それぞれ異なるものであり、個人差が大きく影響します。

遺伝、生活習慣、身体の構造などが影響を与えるため、同じトレーニングを行っても結果が異なることがあります。

ここでは、個人差に影響される筋トレの成果とアプローチについて詳しく解説します。

 

 

 

1. 遺伝と筋肉の反応

 

 

 

遺伝的な要素は、筋トレの成果に大きな影響を及ぼす要因の一つです。

 

筋肉の質や量、成長の速さは遺伝子によって異なり、同じトレーニングを行っても個人差が現れることがあります。

ただし、遺伝だけが全てではなく、適切なトレーニングや栄養摂取によって成果を最大化することが可能です。

 

 

 

2. 生活習慣と食事

 

 

 

生活習慣や食事も筋トレの成果に影響を与える重要な要素です。

 

十分な睡眠を取ることやストレスを軽減することで、筋肉の回復と成長をサポートすることができます。

また、タンパク質や栄養素のバランスが適切でない場合、成果が制限されることがあります。

 

 

3. トレーニングの進行状況

 

 

 

個人のトレーニング経験や進行状況も成果に影響を与えます。

 

初心者は短期間で成果が出やすい一方、トレーニング経験者は徐々に進化を感じることが多いです。

成果が停滞する場合は、トレーニングプランの見直しや新たな刺激を導入することで成果を向上させることができます。

 

 

 

4. 忍耐と継続の重要性

 

 

 

筋トレの成果を最大化するためには、忍耐と継続が欠かせません。

 

成果が出るまでには時間がかかることもあり、焦らずに努力を続けることが重要です。

他人との比較をせず、自身の進化を見つめながら着実に努力を積み重ねましょう。

 

 

 

5. 個別の目標とアプローチの調整

 

 

個人差を考慮しながら、自身の目標に合ったアプローチを見つけることが重要です。

 

筋肉増強、体力向上、ダイエットなど、目標に応じてトレーニング内容や頻度を調整しましょう。

 

 

また、成果が出にくい場合は専門家の指導を受けることも検討してください。

 

 

まとめ

 

 

個人差を受け入れつつ努力を続ける 個人差は筋トレの成果に大きな影響を与える要因ですが、その差を受け入れつつ努力を続けることが重要です。

 

遺伝や生活習慣、トレーニング経験などによる個人差を理解し、自身に合ったアプローチを見つけて成果を追求しましょう。

 

焦らずに着実に進化を感じることが、持続可能な成果を得るための鍵です。

 

 

 

自身に合った頻度とトレーニングスタイルの見つけ方

 

 

ジムでのトレーニングを続ける際には、自身に合った頻度とトレーニングスタイルを見つけることが大切です。

個人の生活スタイルや目標に応じて適切なプランを組み立てることで、効果的なトレーニングを実現することができます。

 

 

 

1. 目標の明確化

 

 

まず、自身のトレーニングの目標を明確にしましょう。

 

筋肉増強、体力向上、ダイエットなど、目指す成果によって必要なトレーニングの種類や頻度が異なります。

目標を定めることで、そのための最適なプランを見つける手助けになります。

 

 

 

2. 自身の生活スタイルを考慮

 

 

 

日々の生活スタイルに合わせてトレーニングプランを組むことが重要です。

 

仕事や家庭のスケジュール、睡眠時間などを考慮して、トレーニングの時間帯や頻度を決定しましょう。

無理なくトレーニングを続けるためには、生活に合わせたプランが必要です。

 

 

 

3. 週のトレーニング頻度の調整

 

 

 

週に何回トレーニングを行うかも重要です。

 

初心者の場合は週3回から4回程度のトレーニングが適切な場合があります。

トレーニングの回数を調整する際には、適切な休息も考慮してバランスを保ちましょう。

 

 

 

4. トレーニングスタイルの選択

 

 

トレーニングスタイルも自身に合ったものを見つけることが大切です。

 

全身トレーニングや部位別トレーニング、有酸素運動など、様々なスタイルがあります。

自身の好みや目標に応じて、どのスタイルが最適かを検討しましょう。

 

 

 

5. プログレッションの計画

 

 

 

トレーニングを続けるうちに進化していくためには、プログレッションを計画することも大切です。

 

初めの段階から徐々に負荷やインテンシティを上げることで、成果を最大化することができます。

プログレッションを考慮したプランを組むことで、モチベーションも維持しやすくなります。

 

 

 

6. 継続的な評価と調整

 

 

トレーニングプランを作成した後も、継続的な評価と調整が必要です。

 

成果が出ているかどうかを確認し、必要に応じて頻度や内容を調整しましょう。

自身の体の変化やトレーニングの効果を定期的に見直すことで、より効果的なプランを維持できます。

 

 

 

まとめ

 

 

バランスの取れたプランを見つけよう

 

自身に合った頻度とトレーニングスタイルを見つけるためには、目標の明確化や生活スタイルの考慮、週のトレーニング頻度の調整などが重要です。

自身の状態や好みに合ったバランスの取れたプランを組み立て、着実に効果を実感しながらトレーニングを続けていきましょう。

 

 

 

トレーニング頻度の最適化と個人の特性の理解

 

 

ジムでのトレーニングを最適な形で続けるためには、個人の特性に合わせたトレーニング頻度を見極めることが重要です。

 

一人ひとりの生活習慣、身体の状態、目標に応じて適切な頻度を設定することで、成果を最大化することができます。

 

 

1. 個人の生活スタイルを考慮

 

 

トレーニング頻度を最適化する際には、自身の生活スタイルをしっかりと考慮しましょう。

 

仕事や家庭のスケジュール、日々の活動量などが影響を与えます。

無理なくトレーニングを組み込むために、トレーニングの時間帯や週の分布を調整しましょう。

 

 

2. 目標に合わせた頻度の設定

 

 

トレーニングの目標に応じて、適切な頻度を設定することが重要です。

 

筋肉増強を目指す場合は、週に3回から4回のトレーニングが適しているかもしれません。

一方、体力向上やダイエットを目指す場合は、週に5回以上のトレーニングが必要かもしれません。

目標に合わせて頻度を調整しましょう。

 

 

3. 負荷と回復のバランスを保つ

 

 

トレーニング頻度を最適化する際には、負荷と回復のバランスを重視しましょう。

 

適切な負荷をかけることで成長を促進しますが、十分な回復を取ることも大切です。

過度なトレーニングは逆に成果を損なうことがあるため、適切な休息を確保することを忘れないでください。

 

 

 

4. 体の反応を観察

 

 

トレーニングを行いながら、自身の体の反応を観察しましょう。

 

疲労感や筋肉の状態、パフォーマンスの変化などから、トレーニング頻度が適切かどうかを判断することができます。

体が適切に回復しているかどうかを常に意識しておくことが大切です。

 

 

 

5. 個人の特性を理解する

 

 

 

トレーニング頻度を最適化するには、自身の個人的な特性を理解することが必要です。

 

これには遺伝的な特性や身体の反応、怪我の傾向などが含まれます。

これらの情報をもとに、トレーニングプランをカスタマイズすることで、効果的なトレーニングが可能です。

 

 

 

まとめ

 

 

自身に合った最適なトレーニング頻度を見つけよう

 

トレーニング頻度を最適化するためには、個人の生活スタイル、目標、体の反応、特性などを考慮することが大切です。

 

一人ひとり異なる要素をバランスよく組み合わせながら、最適なトレーニング頻度を見つけることで、効果的な成果を実現できます。

 

 

自身の体と向き合いながら、持続可能なトレーニングプランを築いていきましょう。

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

筋トレの頻度を考える 4 ~ジムでのトレーニングと最適な頻度

2023/10/20

 

 

 

ジムでの効果的なトレーニングプランの作成

 

ジムでのトレーニングは、効果的なプランを組み立てることで、筋肉の増強や体力向上を効率的に達成することができます。

 

ジムでのトレーニングプランを適切に組み立てることで、個々の目標に合った成果を得ることができます。

 

 

ジムでの効果的なトレーニングプランの作成方法について詳しく解説します。

 

 

1. 目標の明確化

 

 

まず最初に、自身のトレーニングの目標を明確にしましょう。

 

筋肉増強、体力向上、ダイエットなど、目指す成果に合わせてトレーニングプランを調整します。

 

目標が明確になれば、プランの方向性が定まります。

 

 

2. トレーニングの頻度と分割

 

 

ジムでのトレーニングの頻度は週に3回から4回程度が一般的です。

 

また、全身トレーニングと部位別トレーニングを組み合わせることで、全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。

 

週のスケジュールに合わせて、トレーニング日と休息日を計画しましょう。

 

 

3. メニューのバリエーション

 

 

効果的なトレーニングプランには、多様なメニューを組み込むことが大切です。

 

大きな筋肉グループから小さな筋肉グループまで、幅広い種目を取り入れることで全身のバランスを保ちつつ、成果を最大化します。

 

 

4. レジスタンストレーニングとカーディオトレーニング

 

 

トレーニングプランには、レジスタンストレーニング(筋力トレーニング)とカーディオトレーニング(有酸素運動)の両方を組み込むことがおすすめです。

 

筋力トレーニングによって筋肉を増強し、有酸素運動によって心肺機能を向上させることができます。

 

 

5. インテンシティとボリュームの調整

 

 

トレーニングプランにおいて、インテンシティ(重量)とボリューム(セット数やレピティションの合計量)の調整が重要です。

 

筋肉の成長を促進するために、適切な重量とセット数を設定しましょう。プログレッションを意識して徐々に増やしていくことも大切です。

 

 

6. 休息と栄養の確保

 

 

トレーニングと同じくらい、十分な休息と適切な栄養摂取も重要です。

 

トレーニング後に適切なタンパク質や炭水化物を摂ることで、筋肉の修復と成長をサポートします。

 

また、十分な睡眠を確保し、ストレスを軽減することも大切です。

 

 

 

 

ジム利用の最適な頻度の指針と考慮すべき要素

 

 

ジムを利用する際には、適切な頻度を選ぶことが大切です。

 

トレーニングの頻度は目標や個人の状態によって異なりますが、適切なバランスを保ちつつ効果的にトレーニングを行うためには、いくつかの要素を考慮する必要があります。

 

以下では、ジム利用の最適な頻度の指針と考慮すべき要素について詳しく解説します。

 

 

 

1. トレーニングの目標に合わせた頻度の選択

 

 

ジムを利用する際には、まず自身のトレーニングの目標を明確にしましょう。

 

筋肉増強、体力向上、ダイエットなど、目指す成果に合わせて適切な頻度を選ぶことが大切です。

 

目標が明確であれば、どれだけの頻度でトレーニングを行うべきかの指針を見つけることができます。

 

 

2. 週のトレーニング頻度の一般的な目安

 

 

一般的に、週に3回から4回のトレーニングが健康的な範囲とされています。

 

これによって、適切な休息を確保しつつ、筋肉の成長や体力の向上をサポートすることができます。

 

ただし、初心者の場合はゆっくりと始め、慣れてきたら徐々に頻度を増やすことがおすすめです。

 

 

 

3. トレーニングと休息のバランス

 

 

 

適切なトレーニング頻度を選ぶ際には、トレーニングと休息のバランスを考慮しましょう。

 

十分な休息を取ることで、筋肉の修復と成長が促進されます。

 

週のトレーニング日と休息日を適切に配置することで、無理なく続けられるプランを作成しましょう。

 

 

 

4. 個人の生活スタイルとスケジュール

 

 

 

ジム利用の頻度を決定する際には、個人の生活スタイルやスケジュールも考慮することが重要です。

 

仕事や家庭の都合に合わせて、トレーニングの時間を確保することができるかどうかを検討しましょう。

 

無理なく続けるためには、スケジュールの調整が欠かせません。

 

 

 

5. プログレッションと調整

 

 

 

トレーニングを続けるうちに、体が適応してくることがあります。

 

成果を維持しながら効果的なトレーニングを続けるためには、定期的にプログレッションを行い、頻度やインテンシティを調整することが大切です。

 

成果が停滞した際には、頻度を調整して新たな刺激を与えることも考慮しましょう。

 

 

 

 

全身トレーニングと部位別トレーニングの比較と選択

 

 

 

ジムでのトレーニングを組む際に、全身トレーニングと部位別トレーニングのどちらを選ぶかは重要な決定です。

 

両者にはそれぞれの特徴があり、自身の目標やトレーニング経験に合わせて選択することが大切です。

 

全身トレーニングと部位別トレーニングの比較と選択について詳しく解説します。

 

 

 

全身トレーニングの特徴とメリット

 

 

 

全身トレーニングは、1つのトレーニングセッションで複数の筋肉グループを効果的にトレーニングする方法です。

 

全身トレーニングの特徴とメリットを紹介します。

 

 

 

• 効率的な時間の利用: 全身トレーニングは、複数の筋肉グループを同時に鍛えるため、短時間で効果的なトレーニングを行うことができます。

• 全身のバランスを保つ: 全身の筋肉をバランスよく鍛えることで、筋力の偏りを防ぎ、身体全体のバランスを保ちます。

• 基礎的な動作の強化: スクワットやデッドリフトなどの基本的な動作を取り入れることで、コアや安定性を強化する効果があります。

• 代謝を高める: 多くの筋肉グループを動かすことで、代謝を高め、カロリー消費を促進します。

 

 

 

部位別トレーニングの特徴とメリット

 

 

部位別トレーニングは、特定の筋肉グループに重点を置いてトレーニングを行う方法です。

部位別トレーニングの特徴とメリットを紹介します。

 

 

• ターゲットの強化: 特定の筋肉を集中的に鍛えるため、その筋肉の強化や成長を重点的に進めることができます。

• 個別のニーズに対応: 特定の部位が不足している場合や、特定の部位を強化したい場合に適しています。

• 綿密な計画が可能: 各部位に焦点を当てるため、詳細なプランニングが行いやすく、進化を確認しやすいです。

 

 

 

トレーニングプランの選択とバランス

 

 

 

全身トレーニングと部位別トレーニング、どちらを選ぶべきかは個人の目標とトレーニング経験によります。

 

初心者の場合は全身トレーニングから始めることで、全身の基本的な筋力を均等に高めることができます。

 

一方、特定の部位を強化したい場合や、トレーニング経験がある場合は部位別トレーニングを取り入れることで、ターゲットの強化が可能です。

最適なトレーニングプランを選択する際には、全身トレーニングと部位別トレーニングを組み合わせてバランスよく行うことも一つの方法です。

 

自身の目標やトレーニングの進行状況に合わせて、柔軟にプランを調整し、効果的なトレーニングを続けていきましょう。

 

 

 

【動画】ダイエット、筋トレの王道「スクワット」

2023/10/10

 

こんにちは

パーソナルトレーニングジム姿 豊田店の姿です。

 

今回は豊田市のIさんのスクワットです。

 

 

正しいフォームで行うことが重要です。

 

正しくないと、怪我をします。

また、効果も得られません。

 

 

効果についてですが、やはりこれがダイエットの王道です。

 

また著しくパフォーマンスを向上させるので、

「昔のような体力をもう一度手に入れたい」

という時も、スクワットが解決します。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!

肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

腹圧を基本からマスター! ~初心者向け~ 腹圧かけ方ガイド

2023/09/30

 

はじめに

 

 

腹圧と体幹の関係は、健康的な身体づくりやパフォーマンス向上において重要な要素です。

 

 

正しい腹圧の保持と体幹の強化は、姿勢の改善、腰痛の予防、スポーツのパフォーマンスの向上など、多くのメリットをもたらします。

 

腹圧を高めるためには、腹式呼吸やコアトレーニング、適切なポジショニングなどを意識して取り組むことが大切です。

過度な緊張や無理な力を入れることは避け、呼吸とリラックスのバランスを保ちながらトレーニングを行いましょう。

 

 

また、腹圧の向上には個々の体調や限界を尊重することも重要です。

 

無理な負荷や過度なストレスは逆効果となる可能性がありますので、自身のペースで取り組むことを心がけましょう。

 

 

腹圧と体幹の基本

 

 

腹圧とは?

 

 

腹圧は、腹横筋、横隔膜、骨盤底筋群などに包まれた腹腔内の圧力の事です。

 

 

これは内蔵を支えるための内部圧力であり、特に重要なのは腹部周りの筋肉である腹横筋や腹斜筋などが関与しています。

 

腹圧は、日常生活での姿勢の維持や運動の実行において、体幹の安定性を向上させる役割を果たします。

 

 

体幹とは?

 

 

体幹は、背中、腹部、骨盤周りの筋肉群を含む、身体の中心部分を指します。

 

これらの筋肉は、脊椎を安定させ、身体のバランスを保つ重要な役割を果たしています。

 

体幹が強化されると、身体全体の安定性が向上し、さまざまな動作や運動をより効果的に行うことができるようになります。

 

 

腹圧と体幹の連携

 

 

腹圧と体幹は、互いに連携して身体の安定性を維持する重要な要素です。

 

腹圧が高まると、内部圧力によって腹部全体が強化され、脊椎や関節にかかる負荷が軽減されます。

 

 

一方で、体幹の筋肉は身体の中心部分を支えることで、腹圧が正しくかかることを助けます。

 

この連携が崩れると、姿勢の乱れや怪我のリスクが高まる可能性があります。

 

 

腹圧と体幹の基本的な理解は、正しいトレーニングや日常生活での姿勢の保持において欠かせません。

 

腹圧と体幹の重要性をより詳しく掘り下げ、腹圧の高め方や体幹トレーニングのポイントについて解説していきます。

 

 

 

腹圧の重要性とメリット

 

 

腹圧の高めるメリット

 

腹圧を適切に高めることには、体幹の安定性や身体能力の向上など、多くのメリットが存在します。

 

1. 体幹が安定して姿勢が良くなる

 

 

腹圧が適切にかかることで、内部圧力によって腹部の筋肉が強化され、脊椎や関節にかかる負荷が分散されます。

これにより、正しい姿勢を保つことが容易になり、猫背や姿勢の歪みを予防できます。

 

 

2. ぽっこりお腹が解消できる

 

 

適切な腹圧を保つことで、消化器官が腹腔内に納まり、お腹のぽっこり感が軽減されます。

内部のサポートが強化されるため、見た目の美しさだけでなく、身体の健康にも好影響を及ぼします。

 

 

3. 腰痛を防ぐことができる

 

 

腹圧によって脊椎が支えられるため、腰部への負担が軽減されます。

腹圧が正しくかかることで腰椎の安定性が増し、腰痛や腰部の不調を予防できる可能性があります。

 

 

これらのメリットを享受するためには、腹圧を正しく高める方法やトレーニングが重要です。

 

腹圧を高めるための具体的な方法と体幹トレーニングについて詳しく説明します。

 

 

 

腹圧のコントロールとメカニズム

 

腹圧を正常に保つためのメカニズム

 

 

腹圧を適切にコントロールするためには、内部の筋肉や呼吸、姿勢などが連携して働く複雑なメカニズムを使いこなす必要があります。

 

 

1. 腹部の筋肉の活用

 

 

腹圧を維持するためには、腹部の筋肉が重要な役割を果たします。

 

特に腹横筋や腹斜筋などの筋肉が、内部の圧力をコントロールする際に活発に収縮し、安定性を保つ役割を果たします。

 

 

2. 呼吸との連動

 

 

正しい腹圧を保つためには、呼吸との連動が欠かせません。

 

腹式呼吸を行うことで、腹部の内部圧力が上昇し、腹圧を適切に維持することができます。

 

また、常に腹圧をかけたまま自然と呼吸できるようになる事も重要です。

 

 

3. 正しい姿勢の保持

 

 

姿勢の乱れは腹圧のコントロールに悪影響を及ぼします。

 

正しい姿勢を保つことで、脊椎や骨盤が適切な位置に保たれ、腹圧を正常に保つための土台が整います。

 

 

4. 筋肉のバランス

 

 

体幹を構成する筋肉のバランスも重要です。

 

特定の筋肉が過剰に発達すると、腹圧のバランスが崩れる可能性があります。

 

全体的な筋肉のバランスを保つことで、腹圧を正しくコントロールする基盤が整います。

 

 

 

これらのメカニズムが連携して、腹圧を正常に保ちつつ体幹の安定性を確保します。

 

これらのメカニズムを意識した腹圧の高め方やトレーニング方法について詳しく解説します。

 

 

腹圧と体幹トレーニング

 

 

腹圧を高める方法とトレーニング

 

 

腹圧を適切に高めることは、体幹の安定性や健康に大きな良い影響を与えます。

 

以下では、腹圧を高めるための具体的な方法と体幹トレーニングについて紹介します。

 

 

1. 腹式呼吸の練習

 

深く腹式呼吸を行うことで、腹部の内部圧力が上昇し、腹圧を高めることができます。

 

胸式呼吸ではなく、お腹を膨らませるように意識して呼吸をすることで、腹圧の維持が容易になります。

 

 

2. コアトレーニング

 

 

腹部の筋肉を強化することで、腹圧をコントロールする能力が向上します。

 

プランクやクランチなどのコアトレーニングを取り入れることで、腹部の筋力がアップし、体幹の安定性を高めることができます。

 

 

3. 姿勢の意識

 

 

正しい姿勢を保つことで、脊椎や骨盤が適切な位置に保たれ、腹圧を適切にコントロールすることができます。

 

特に日常生活での良い姿勢の維持を意識することが重要です。

 

 

4. ダイナミックな運動

 

 

ダイナミックな運動やスポーツを取り入れることで、体幹の安定性が求められるシチュエーションが増えます。

 

ランニングやバスケットボールなどの動きに体幹を活かすことで、腹圧の維持と体幹の強化を両立させることができます。

 

 

 

これらの方法やトレーニングを組み合わせることで、腹圧の正常な保持と体幹の安定性を向上させることができます。

 

正しい指導や意識をもとに、日常生活やトレーニングに取り入れてみましょう。

 

 

体幹はお腹や腰だけではありません

 

 

体幹の範囲と重要性

 

 

体幹は、お腹や腰だけでなく、身体の中心部分全体を包括します。

 

腹部の筋肉だけでなく、背中や骨盤周りの筋肉も含まれます。

 

この体幹の範囲がバランスよく発達していることは、身体の安定性と機能性を向上させる上で重要です。

 

 

 

背中の筋肉の役割

 

 

背中の筋肉は、体幹の後ろ側を支え、姿勢を保つ役割を果たしています。

 

特に僧帽筋や広背筋などの筋肉が、背骨を支えて脊椎の安定性を保つと同時に、上体を起こす動作などにも関与しています。

 

これらの筋肉が適切に発達していることで、姿勢の乱れや背中の痛みを防ぐことができます。

 

 

骨盤周りの筋肉の役割

 

 

骨盤周りの筋肉は、体幹の下部を支え、腰の安定性を保つ役割を果たしています。

 

特に大殿筋や骨盤底筋群などが、骨盤の位置を調整し、腰部への負担を軽減する役割を果たします。

 

これにより、腰痛の予防や骨盤の安定性を保つことができます。

 

 

体幹全体の協力

 

 

体幹の各部位が協力して働くことで、身体全体の安定性が向上します。

 

腹部、背部、骨盤周りの筋肉がバランスよく発達していることで、正しい姿勢の維持や動作の効率化が実現します。

 

そのため、体幹トレーニングは単に腹部の筋肉だけでなく、全体的なバランスを意識したトレーニングが重要です。

 

 

 

このように、体幹はお腹や腰だけでなく、背中や骨盤周りの筋肉も含む広範な範囲を指します。

 

体幹全体をバランスよく鍛えることで、身体の安定性や機能性を向上させることができます。

 

 

 

 

 

 

 

腹圧を高める具体的なトレーニング方法

 

 

1. ドローイン

 

仰向けに寝て、お腹をへこませるように腹部の筋肉を引き締める運動です。

ゆっくりと行い、深い呼吸を保ちながら行うことで、腹圧の感覚を養うことができます。

 

2. ブレーシング

 

手を腹部に当て、腹圧を意識して腹部の筋肉を締める動作です。

この動作をしながら、深く腹式呼吸を行うことで、腹圧の安定性を高めることができます。

 

3. ツーポイントプランク

 

通常のプランクのポーズから、対角線に当たる片手と片足を同時に浮かせることで腹圧を高めるバリエーションです。

 

体幹の安定性を高める効果があります。

 

 

これらの方法やトレーニングを取り入れて、腹圧を適切に高める習慣を身につけましょう。

 

腹圧の向上は体幹の安定性や健康に寄与し、日常生活やスポーツにおいて優れたパフォーマンスを発揮する上で大きな役割を果たします。

 

 

 

腹圧を高める際の注意点

 

 

腹圧を適切に高めるためには、以下の注意点を守ることが重要です。

 

1. 無理な力を入れない

 

腹圧を高める際には、無理な力を入れずに徐々に感覚をつかむようにしましょう。

 

無理な力を入れると逆に筋肉が硬直し、効果が得られないばかりか怪我のリスクが高まる可能性があります。

 

2. 呼吸を忘れない

 

腹圧を高める際にも、正しい呼吸を保つことが重要です。

 

深く腹式呼吸を行い、呼吸と腹圧の連動を意識しながらトレーニングを行いましょう。

 

3. 過度な緊張を避ける

 

腹圧を高めるために筋肉を緊張させることは大切ですが、過度に緊張しすぎることは逆効果です。

 

筋肉が硬直してしまうと、腹圧のコントロールが難しくなるため、適度な緊張とリラックスをバランスよく保つよう心がけましょう。

 

 

4. 焦らず継続する

 

腹圧を高めるためには継続が重要です。

 

即効性を求めず、じっくりと取り組むことで徐々に感覚をつかみ、効果を実感できるようになります。

 

5. 個々の体調を尊重する

 

トレーニングを行う際には、自身の体調や限界を尊重しましょう。

 

無理な負荷や無理な動作は怪我の原因となる可能性があります。無理なく取り組むためにも、適切な範囲で行動することが大切です。

 

 

これらの注意点を守りながら、腹圧を高めるトレーニングを行うことで、安全かつ効果的に体幹の安定性とパフォーマンスを向上させることができます。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

腹圧と体幹の関係は、健康的な身体づくりやパフォーマンス向上において重要な要素です。

 

正しい腹圧の保持と体幹の強化は、姿勢の改善、腰痛の予防、スポーツのパフォーマンスの向上など、多くのメリットをもたらします。

 

 

腹圧を高めるためには、腹式呼吸やコアトレーニング、適切なポジショニングなどを意識して取り組むことが大切です。

 

過度な緊張や無理な力を入れることは避け、呼吸とリラックスのバランスを保ちながらトレーニングを行いましょう。

 

 

また、腹圧の向上には個々の体調や限界を尊重することも重要です。

 

無理な負荷や過度なストレスは逆効果となる可能性がありますので、自身のペースで取り組むことを心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

筋トレの頻度を考える 3 ~目的別のトレーニングアプローチ

2023/09/20

 

 

 

 

 

シリーズバックナンバー

筋トレの頻度を考える 1 ~筋トレの基本原理と効果~

筋トレの頻度を考える 2 ~筋トレの頻度と効果的なアプローチ

 

 

初心者向けのトレーニングプランの組み立て方

 

 

 

筋トレを始める初心者の方々にとって、効果的なトレーニングプランを組み立てることは重要です。

適切なプランを作成することで、無理なくトレーニングを続け、健康的な成果を得ることができます。

 

 

 

1. 目標の設定

 

 

まず最初に、自身のトレーニングの目標を明確に設定しましょう。

筋肉増強、ダイエット、体力向上など、目指す成果に応じてトレーニングプランを調整します。

目標が具体的になれば、効果的なプランの構築が可能です。

 

 

2. トレーニングの頻度

 

 

初心者の方々におすすめされるトレーニングの頻度は週に3回から4回です。

これによって、筋肉に十分な刺激を与え、過度な疲労を蓄積せずに回復を図ることができます。

週のスケジュールに合わせて、トレーニング日と休息日をバランス良く組み合わせましょう。

 

 

3. トレーニング内容のバラエティ

 

 

トレーニングプランには、全身のバラエティ豊かな種目を組み込むことが大切です。

大きな筋肉グループと小さな筋肉グループをバランスよくトレーニングすることで、均等な筋肉の発達を促進します。

スクワットやデッドリフトなどの基本的な全身種目から始めると良いでしょう。

 

 

4. セット数と反復回数

 

 

初心者の方々は、セット数と反復回数を適切に調整することが重要です。

1つの種目について、3セットから4セット、10レピティションから15レピティション程度を目安に設定します。

重くて負担のかかる重量よりも、正しいフォームで繰り返し行うことを重視しましょう。

 

 

5. トレーニングプランの分割

 

 

初心者の方々は、トレーニングプランを全身トレーニングと部位別トレーニングの組み合わせで組み立てることが効果的です。

全身トレーニングでは大きな筋肉グループを、部位別トレーニングでは特定の筋肉を集中的に鍛えることができます。

 

 

6. 休息と回復

 

 

トレーニングと同様に、休息と回復にも十分な配慮が必要です。

トレーニング日と休息日を適切に交互に設定し、体が十分に回復する時間を確保しましょう

また、適切な栄養摂取を行うことも回復をサポートします。

毎日の食事内容やサプリメントの活用を計画的に考えましょう。

 

 

7. プログレッションの考慮

 

 

トレーニングプランは徐々に進化させることが大切です。

重量やセット数、反復回数を少しずつ増やしていくことで、筋力や筋肉の成長を促進します。

プランの進化に合わせて目標も修正していきましょう。

 

 

 

ダイエットとボディメイクに適した頻度とメニュー

 

 

 

ダイエットやボディメイクを目指す際には、適切なトレーニング頻度とメニューを選ぶことが重要です。

正しいプランを組み立てることで、体脂肪の減少や筋肉の増強を効果的にサポートすることが可能です。

 

 

 

1. トレーニングの頻度

 

 

ダイエットやボディメイクを目指す場合、週に4回から5回のトレーニングがおすすめです。

高い頻度でトレーニングを行うことで、エネルギー消費を増やし、筋肉をしっかり刺激することができます。

ただし、適切な休息を取りつつ、無理なく続けられる頻度を選ぶことが大切です。

 

 

2. カーディオトレーニングの組み込み

 

 

ダイエットを目指す場合、カーディオトレーニング(有酸素運動)を組み込むことが効果的です。

有酸素運動は脂肪燃焼を促進し、体脂肪の減少をサポートします。ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどの有酸素運動を週に2回程度行うことを検討しましょう。

 

 

3. レジスタンストレーニングの重要性

 

 

ボディメイクを目指す場合、レジスタンストレーニング(筋力トレーニング)が欠かせません。

筋肉を増強することで基礎代謝が向上し、脂肪燃焼が促進されます。大きな筋肉グループと小さな筋肉グループをバランスよくトレーニングすることで、全身の筋力バランスを整えましょう。

 

 

4. メニューの組み立て

 

 

ダイエットやボディメイクに適したメニューは、カーディオトレーニングとレジスタンストレーニングを組み合わせたプランが効果的です。

有酸素運動としてウォーキングやジョギングを取り入れつつ、筋力トレーニングではスクワット、デッドリフト、ベンチプレス、チンニングなどの多彩な種目を組み込みましょう。

 

 

5. ダイエット向けの食事戦略

 

 

ダイエットを目指す際には、適切な食事戦略も重要です。

トレーニングとともにカロリー制限を行い、バランスの取れた食事を摂ることで、健康的な減量をサポートします。

たんぱく質豊富な食材や野菜を積極的に取り入れ、過度な制限を避けましょう。

 

 

6. ボディメイク向けの栄養摂取

 

 

ボディメイクを目指す際には、適切な栄養摂取が必要です。

タンパク質は筋肉合成に不可欠な成分であり、レジスタンストレーニングの効果を最大限に引き出すために適切な量を摂取しましょう。

また、炭水化物や脂質もエネルギー供給に欠かせない要素です。

 

 

 

筋肥大を目指すための効果的な頻度とメニュー

 

 

 

筋肥大を目指す際には、適切なトレーニング頻度とメニューの選択が重要です。

効果的なプランを組み立てることで、筋肉の増強と成長を最大限に引き出すことができます。

 

 

 

1. トレーニングの頻度

 

 

筋肥大を目指す場合、週に3回以上のトレーニングが効果的です。

十分な休息を取りつつ、高い頻度でトレーニングを行うことで、筋肉に適切な刺激を与え、成長を促進することができます。

連日トレーニングを行う場合は、部位をローテーションしたり、強度を調整するなど、コンディションを維持することを心がけましょう。

 

 

2. メニューのバラエティ

 

 

筋肥大を目指す際には、メニューのバラエティが重要です。

大きな筋肉グループと小さな筋肉グループをバランスよくトレーニングすることで、全身の筋肉の成長を促進します。

スクワット、ベンチプレス、デッドリフトなどの基本的な種目を含めつつ、バラエティ豊かな種目を取り入れましょう。

 

 

3. ボリュームと重量設定の調整

 

 

筋肥大を目指す場合、トレーニングのボリューム(セット数や反復回数の合計量)と重量設定のバランスを調整することが大切です。

重量を高めることで筋肉に十分な刺激を与え、ボリュームを増やすことで筋肥大を促進します。

 

 

4. プログレッションの重要性

 

 

筋肥大を目指す際には、トレーニングプログレッションが不可欠です。

定期的に重量やセット数、反復回数を増やすことで、筋肉に新たな刺激を与え、成長を促進します。

プランの進化に合わせて目標も修正しましょう。

 

 

5. 栄養摂取の重要性

 

 

筋肥大をサポートするためには、適切な栄養摂取も欠かせません。

タンパク質は筋肉合成に不可欠な成分であり、十分なタンパク質摂取を心がけましょう。

また、炭水化物や脂質もエネルギー供給に欠かせない要素です。

 

 

6. 休息と回復の重要性

 

筋肥大を目指す際には、十分な休息と回復が必要です。

日々、適切な栄養摂取を行い、十分な睡眠を取ることで、筋肉の修復と成長をサポートします。

過度なトレーニングは逆効果なので、適切な休息を確保しましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

継続的な成長を目指して 筋肥大を目指す際には、適切な頻度とメニューの選択が鍵となります。

バラエティ豊かな種目や適切なプログレッションを組み込みつつ、十分な栄養と休息を取り入れて継続的な成長を目指しましょう。

【動画】スクワット

2023/09/17

 

こんにちは

パーソナルトレーニングジム姿 豊田店の姿です。

 

今回は豊田市のDさんとKさんのスクワットです。

 

 

 

 

動画のように正しいフォームで行うことが大変重要です。

 

フォームが正しくなければ、筋トレの効果はありません。

単にキツイ思いをしたとしても身体へのリターンはゼロです。

トレーナーやコーチの指導を受けながら、スクワットを行うことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!

肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

筋トレの頻度を考える 2 ~筋トレの頻度と効果的なアプローチ

2023/09/10

 

 

 

シリーズバックナンバー

筋トレの頻度を考える 1

 

初心者向けの筋トレ頻度の目安とは?

 

 

筋トレを始める初心者の方々にとって、適切な頻度でトレーニングを行うことは、効果的な成果を得るための重要な要素です。

過度な負荷や無理なスケジュールは逆効果になることもありますが、正しい頻度でトレーニングを行うことで、筋肉成長を促進し、健康的な進化を実現することができます。

 

 

 

1. 週に何回トレーニングを行うべきか?

 

 

初心者の方々におすすめされる週のトレーニング回数は、3回から4回程度です。

この回数は、筋肉に十分な刺激を与えつつ、過度な疲労を蓄積させることなく適切な回復を図るためのバランスを保っています。

 

 

2. トレーニングと休息の交互

 

 

トレーニングと休息のバランスを保つことも重要です。

連続して毎日トレーニングを行うのではなく、トレーニング日と休息日を交互に設定することで、筋肉の回復と成長をサポートします。

週に何度トレーニングを行うかだけでなく、それをどのように分散するかも考慮しましょう。

 

 

3. 部位別トレーニングの組み込み

 

 

初心者の方々は、全身トレーニングと部位別トレーニングを組み合わせることで、バランスの取れた筋肉の発達を促進することができます。

例えば、週に4回のトレーニングでは、「上半身メニューと下半身メニューを交互にやる」のようにトレーニングを分けることが効果的です。

 

 

4. 適切な強度とボリューム

 

 

初心者の方々は、トレーニングの強度とボリュームを適切に調整することも大切です。

過度な負荷や高いセット数、反復回数は筋肉に過度なストレスを与える可能性があります。

専門家の指導を受けながら、適切なトレーニングプランを立てましょう。

 

 

5. 成果を評価しながら調整

 

 

初心者の方々は、自身の体の反応と成果を評価しながらトレーニング頻度を調整していくことが大切です。

筋肉の疲労度や回復の感じ方は個人差がありますので、定期的に自己評価を行い、必要に応じて頻度を調整しましょう。

 

 

 

 

筋トレのタイミング選びのポイントと理由

 

 

 

筋トレを効果的に行うためには、適切なタイミングを選ぶことが重要です。

トレーニングのタイミングは、成果や回復に影響を与えるため、慎重に考慮する必要があります。

 

 

 

 

1. 個人の生活リズムに合わせる

 

 

筋トレのタイミングは、個人の生活リズムに合わせることが大切です。

朝型の人や夜型の人、仕事や学業のスケジュールによっても最適なトレーニング時間は異なります。

自身の体内時計や生活スタイルに合わせて、トレーニングのタイミングを選びましょう。

 

 

2. 食事との関連性を考える

 

 

食事と筋トレのタイミングは密接に関連しています。

トレーニング前には十分なエネルギーを摂取し、トレーニング中は水分補給を心がけましょう。

また、トレーニング後のタイミングでタンパク質や炭水化物を摂ることで、筋肉合成と回復をサポートします。

 

 

3. パフォーマンスとの調和

 

 

トレーニングのタイミングは、パフォーマンスの向上とも関連しています。

自身が最もパフォーマンスが高いと感じる時間帯を選ぶことで、より効果的なトレーニングを実現できます。

朝はエネルギーが高まりやすく、夜は筋力がピークになると言われています。

 

 

4. トレーニングの目的に合わせる

 

 

トレーニングの目的によっても、タイミングの選び方は変わります。

筋肥大を目指す場合は、一日を通してタンパク質の摂取量が重要です。

一方で、有酸素運動と筋トレを組み合わせる場合は、適切なタイミングで行うことで脂肪燃焼効果を高めることができます。

 

 

5. 体調と疲労度の配慮

 

 

トレーニングのタイミングを選ぶ際には、体調や疲労度も考慮しましょう。

十分な睡眠を確保し、体が疲れていない状態でトレーニングを行うことで、効果的な刺激を与えることができます。

 

 

6. 長期的な習慣化の観点

 

 

トレーニングのタイミングを選ぶ際には、長期的な習慣化の観点も考慮しましょう。

自身のスケジュールに合ったトレーニング時間を選ぶことで、定期的なトレーニングの継続がしやすくなります。

 

 

7. 睡眠との調和

 

 

トレーニングのタイミングと睡眠との調和も大切です。

十分な睡眠を確保することで、筋肉の回復や成長が促進されます。

トレーニングのタイミングが睡眠サイクルに適合するように計画することで、最大の効果を得ることができます。

 

 

 

 

休息と栄養の役割:筋肉の回復に必要な要素

 

 

 

筋トレを行った後、適切な休息と栄養を摂ることは、筋肉の回復と成長に欠かせない要素です。

筋肉はトレーニング中に疲労し、微細なダメージを受けますが、適切な休息と栄養を提供することで、その修復と再生が行われ、効果的な成果を実現することができます。

 

 

 

 

 

1. 筋肉の修復と再生

 

 

トレーニングによって負荷をかけた筋肉は、微小な損傷が生じます。

休息をとることで、体はこのダメージを修復し、より強く、大きな筋肉繊維を再生させます。

継続的なトレーニングで筋肉は徐々に適応し、強化されていくのです。

 

 

2. 筋肉合成の促進

 

 

適切な栄養を摂ることで、トレーニング後の筋肉合成が促進されます。

特にタンパク質は筋肉合成に欠かせない成分であり、トレーニング後のタイミングで適切な量のタンパク質を摂取することで、筋肉の成長をサポートします。

 

 

3. エネルギーの補充

 

 

トレーニング中に消費されたエネルギーを補充することも、回復に欠かせません。

糖質や脂質を含む栄養摂取によって、体内のエネルギー供給が安定し、トレーニングの影響を受けた筋肉の疲労が軽減されます。

 

 

4. 筋肉の酸素供給と血流改善

 

 

休息と適切な水分摂取は、筋肉の酸素供給と血流改善にも関与します。

酸素は筋肉のエネルギー産生に必要な要素であり、十分な酸素供給があることで、筋肉の疲労を軽減し、回復を促進します。

 

 

5. 筋肉の柔軟性と可動域の維持

 

 

休息とストレッチングによって、筋肉の柔軟性と可動域を維持することも重要です。

トレーニングによって硬直した筋肉を休息とストレッチングでほぐすことで、ケガの予防や運動パフォーマンスの向上に寄与します。

 

 

6. 免疫機能の維持

 

 

適切な休息と栄養は、免疫機能の維持にも影響を与えます。

トレーニングによるストレスや疲労が免疫機能を低下させることがあるため、充分な休息と栄養摂取によって免疫機能を強化し、健康を維持することが重要です。

 

 

7. 長期的な進化と成果の維持

 

 

休息と栄養の適切な提供は、トレーニングの長期的な進化と成果の維持にも関連しています。

過度なトレーニングや栄養不足は、逆に筋肉の疲労や減少につながる可能性があります。

適切な休息と栄養を通じて、持続可能なトレーニングの継続と成果の維持を目指しましょう。

 

 

 

 

まとめ:休息と栄養が鍵となる 

 

 

 

 

休息と栄養は、筋肉の回復と成長に不可欠な要素です。

トレーニング後の適切な休息と日々の栄養摂取を通じて、筋肉の修復、合成、エネルギー供給、免疫機能強化など多くのプロセスをサポートすることができます。

専門家の指導を受けながら、適切な休息と栄養を提供して、最大の成果を引き出しましょう。

 

 

 

筋トレの頻度を考える 3 ~目的別のトレーニングアプローチ

筋トレの頻度を考える 1 ~筋トレの基本原理と効果~

2023/08/30

 

 

 

筋肉成長の基本メカニズムとは?

 

 

筋肉成長は、正しい刺激と適切な回復が組み合わさることによって実現される複雑なプロセスです。

このメカニズムを理解することは、効果的なトレーニングプランの構築において非常に重要です。

初心者の方々に向けて、筋肉成長の基本的なメカニズムについて解説します。

 

 

 

1. 筋肥大の刺激

 

 

 

筋肉が成長するためには、適切な刺激が必要です。

重量の負荷をかけることによって、筋繊維は微細なダメージを受けます。

このダメージに対して筋肉は修復し、その過程で成長していくのです。

正しいフォームで行うトレーニングは、特定の筋肉グループに適切な刺激を与え、成長を促進します。

 

 

 

2. 筋タンパク質合成

 

 

トレーニングによって引き起こされた筋肉の微細な損傷を修復するために、筋肉は新しいタンパク質を合成します。

これにより、筋肉繊維は徐々に強化され、肥大していくのです。適切な栄養摂取が重要であり、特にタンパク質は筋肉合成のための基本的な要素です。

 

 

 

3. 睡眠と回復

 

 

筋肉成長はトレーニング時だけでなく、休息時にも重要な役割を果たします。

十分な睡眠をとることで、筋肉の修復と成長が促進されます。

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、筋肉の回復が進むため、十分な休息を確保することは欠かせません。

 

 

 

4. 負荷の増加と適切な進化

 

 

筋肉成長を継続するためには、徐々に負荷を増加させることが必要です。

定期的にトレーニングプログラムを進化させ、筋肉に新たな刺激を提供することが成長の鍵です。

これによって筋肉は適応し、より強く大きくなることが可能です。

 

 

 

筋肥大のプロセスを理解する意義

 

 

 

筋肥大は、筋トレの最終目標であり、理想的な体型やパフォーマンス向上に欠かせない要素です。

しかし、単に重い重量を持ち上げるだけでは効果的な筋肥大は実現しません。

筋肥大のプロセスを理解することは、効果的なトレーニングプランの構築と持続的な成果の実現において極めて重要です。

 

 

1. 質の高いトレーニングの実現

 

 

筋肥大のプロセスを理解することは、質の高いトレーニングを実現するための基盤となります。

正しい刺激を与え、適切なフォームでトレーニングを行うことで、筋肉繊維に効果的な負荷をかけることができます。

プロセスを理解することで、どのようなトレーニングが成長を促進するのかを把握し、最大限の成果を得ることが可能です。

 

 

 

2. 過度なトレーニングを避けるためのガイドライン

 

 

筋肥大のプロセスを理解することは、過度なトレーニングや怪我のリスクを軽減するためのガイドラインを提供します。

適切な回復と休息が必要であり、無理なトレーニングは逆効果となる可能性があります。

プロセスを理解することで、自身の体調や疲労度を適切に判断し、健康的なトレーニングスケジュールを確立することができます。

 

 

 

3. 成果を最大化するための栄養戦略

 

 

筋肥大のプロセスは、トレーニングだけでなく栄養摂取とも密接に関連しています。

タンパク質や他の栄養素は、筋肉合成や修復に欠かせない要素です。

プロセスを理解することで、適切な栄養戦略を立て、成果を最大化するための食事計画を構築することができます。

 

 

 

4. モチベーションの維持と目標達成

 

 

 

筋肥大のプロセスを理解することは、モチベーションの維持と目標達成にもつながります。

成長の過程や進化を理解することで、長期的な視野でトレーニングに取り組む意欲が高まります。

また、自身の進化を感じることで、目標達成の喜びを実感しやすくなります。

 

 

 

5. 健康なライフスタイルの形成

 

 

筋肥大のプロセスは、健康なライフスタイルを形成する基盤となります。

適切なトレーニングと栄養は、体重管理や代謝の改善、慢性疾患の予防にも寄与します。

プロセスを理解し、健康な体と心を育むための基本的な要素を把握することは、トレーニングの成果をより広い視点で享受する手助けとなるでしょう。

 

 

 

正しいフォームと姿勢の重要性について

 

 

 

筋トレを行う際、正しいフォームと姿勢を保つことは、効果的なトレーニングとケガの予防において極めて重要です。

初心者の方々にとって、正しいフォームと姿勢を維持することは、筋肉成長を促進するための基本中の基本です。

 

 

 

1. 効果的な刺激を与える

 

 

正しいフォームと姿勢を守ることによって、ターゲットとする筋肉に適切な刺激を与えることができます。

例えば、スクワットを行う際に股関節の可動や重心の位置が崩れると、本来のターゲットである大腿筋に効果的な刺激が届かない可能性があります。

正しいフォームを守ることで、筋肉を効果的に鍛えることができます。

 

 

 

2. ケガの予防

 

 

誤ったフォームや姿勢でトレーニングを行うと、怪我のリスクが高まります。

無理な負荷や不適切な動作は、関節や筋肉に過度な負担をかける可能性があります。

特に初心者の方々は、正しいフォームを習得することで、ケガのリスクを最小限に抑えることができます。

 

 

 

3. 筋肉のバランスと対称性

 

 

正しいフォームと姿勢を守ることは、筋肉のバランスと対称性を保つ上でも重要です。

例えば、片方のかかとに負荷が偏ると、筋肉のアンバランスが生じる可能性があります。

正しいフォームを維持することで、全身の筋肉バランスを整え、健全なプロポーションを保つことができます。

 

 

 

4. 効果的なトレーニングの進化

 

 

正しいフォームを身につけることは、トレーニングの進化と成長においても重要です。

正しいフォームを習得することで、より高い負荷や複雑な動作を安全に行うことが可能となります。

これによって、トレーニングの幅が広がり、より高いレベルの成果を得ることができます。

 

 

 

5. 自己評価と進歩の可視化

 

 

正しいフォームを守ることは、自己評価と進歩の可視化にも役立ちます。

正しいフォームでトレーニングを行うことで、自身の進歩を正確に把握しやすくなります。

また、フォームが向上することで、自己評価の向上と自信の向上にも寄与します。

 

 

 

 

 

筋トレの頻度を考える 2 ~筋トレの頻度と効果的なアプローチ

有酸素運動と無酸素運動~初心者のための選択と組み合わせ方~

2023/08/25

運動は健康や美容をサポートする重要な要素です。

いざ運動を始める際には、「有酸素運動」と「無酸素運動」という概念について理解することが大切です。

これらの運動の違いや効果、選び方、そして上手な組み合わせ方について、初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

 

有酸素運動の基本

 

 

有酸素運動は、酸素を使って行う運動です。

持続可能な長時間の活動に適しています。

ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などが代表的な有酸素運動です。

有酸素運動の魅力は、心肺機能の向上、脂肪燃焼効果、メンタルヘルスの改善などが挙げられます。

 

 

 

有酸素運動の主な効果

 

  • 脂肪燃焼: 長時間の運動によって、体脂肪が効果的に燃焼されます。

 

  • 心肺機能向上: 心臓や肺の健康をサポートし、持久力が向上します。

 

  • メンタルヘルス改善: 運動によってエンドルフィンが分泌され、ストレスの軽減や気分の安定が図られます。

 

 

有酸素運動の種類と効果的な方法

 

  • ウォーキング: 初心者にもおすすめの低負荷な有酸素運動で、日常生活に取り入れやすいです。

 

  • ジョギング: 中程度の強度のランニングで、心肺機能を向上させます。

 

  • 水泳: 全身運動でありながら関節に負担がかからず、心肺機能を向上させます。

 

  • エアロビクス: 音楽に合わせて楽しく運動でき、有酸素運動の効果を高めます。

 

 

酸素運動の基本

 

 

無酸素運動は、酸素を必要とせず、短時間で高い強度を求められる運動です。

筋力トレーニングやダッシュがその代表です。

無酸素運動は筋力の増強や基礎代謝の向上、生活習慣病の予防に役立ちます。

 

 

 

無酸素運動の主な効果

 

  • 筋力増強: 無酸素運動によって筋肉が強化され、身体の引き締めや筋肉バランスの向上が期待できます。

 

  • 基礎代謝向上: 筋肉の増加によって、安静時のエネルギー消費が増え、ダイエット効果をサポートします。

 

  • 生活習慣病予防: 強化された筋力と基礎代謝の向上によって、糖尿病や高血圧の予防に貢献します。

 

 

無酸素運動の種類と効果的な方法

 

  • 筋力トレーニング: 自重エクササイズやダンベル、バーベルなどを使ったトレーニングは、筋力増強に効果的です。

 

  • ダッシュ: ランニングやスイミングなどでスピードを最大限に発揮する運動方法で、効率的にその競技に必要な筋力の強化が期待できます。同時に心肺機能も高強度で鍛えられます。

 

 

選択と組み合わせ方

 

 

初心者の方にとって、運動選びとその組み合わせ方は重要なポイントです。

目標に応じて有酸素運動と無酸素運動を選択し、効果的に組み合わせる方法を考えてみましょう。

 

 

 

 

ダイエットを目指す場合

 

有酸素運動は脂肪燃焼に優れ、無酸素運動は筋力増強や体脂肪の分解をサポートします。

有酸素運動を中心に行い、筋力トレーニングを組み合わせることで、総合的な効果を引き出すことができます。

 

 

筋肉を増強したい場合

 

無酸素運動、特に筋力トレーニングを重点的に行いましょう。

筋肉の成長を促進するために、適切な負荷と回数を設定してトレーニングを行います。

 

 

基礎代謝を向上させたい場合

 

 

有酸素運動と無酸素運動をバランスよく組み合わせることで、筋力増強と基礎代謝向上を両方とも手に入れましょう。

例えば、無酸素運動でしっかりと基礎代謝向上をはかり、同時に成長ホルモンの作用で脂肪分解を促します。

さらに、有酸素運動を取り入れることで脂肪燃焼効果を高めながらボディメイクを実現できます。

 

 

まとめ

 

 

 

 

有酸素運動と無酸素運動は、それぞれ異なる効果を持ち、健康や美容の目標に合わせて組み合わせることで、効果を最大限に引き出すことができます。

初心者の方でも、自分の目標や体力に合った運動を選び、適切な組み合わせを試してみることで、理想の結果に近づくことができます。

 

運動を楽しみながら、健康的なライフスタイルを手に入れましょう。

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

オーバートレーニング症候群について

2023/08/18

みなさま、こんにちは★

パーソナルトレーニングジム姿

豊田店スタッフの鈴木です。

 

 

 

■オーバートレーニング症候群とは?

 

オーバートレーニング症候群になると、身体やパフォーマンスにさまざまな影響が現れる可能性があります。

通常の疲労感が回復しづらくなります。

身体的な疲労や筋肉の痛みがそのまま続くことがあります。

その他の症状は以下をご覧ください

 

<主な症状>

・疲労感:持続的な疲労感または疲労感の増加

・パフォーマンスの低下:トレーニングや競技の成績が悪化

・精神的な変化:不安感、抑うつ感、イライラ、集中力の低下

・免疫機能の低下:頻繁な風邪や感染症、病気の発症

・睡眠障害:睡眠の質や量の減少、不眠や早期覚醒

・骨や筋肉の問題:骨折や筋肉の痛み、炎症、関節の不調

 

■オーバートレーニング症候群になってしまう原因は?!

 

長時間、高強度、頻繁なトレーニングなどによって、十分身体が回復をする前に、新たな負荷をかけ続けることが原因です。

従って、初めてパーソナルトレーニングを受けられるお客様や、久々に運動をするといったお客様に対しては、オーバートレーニングに注意を払います。

パーソナルジムだからこそ、お客様の状態に合わせた筋トレを提供できるのです!

 

■オーバートレーニング症候群にならないようにするためには…

 

ポイントはいくつかあります。

 

・正しい休息と回復時間:トレーニング中の適切なインターバルと、トレーニング間の回復時間を確保する

・トレーニングのバランスを考慮:適切な量と強度でトレーニングする

・栄養バランスを確保する:正しい栄養摂取を行い、特に炭水化物やタンパク質などのエネルギー源を正しく摂取する

・ストレス管理をする:ストレスを管理し、リラックスする方法やストレス軽減の方法を取り入れる

 

 

 

もし、あなたが一人でトレーニングするとしましょう。

どれくらいが適切な負荷なのでしょうか。

トレーニング中の十分なインターバルとはどれくらいでしょうか。

考えてもピンとこないはず。

あなたにあった強度、負荷、バランスでトレーニングメニューを組むことができるのが、パーソナルジムです。

だからこそ筋トレもダイエットも、安心、安全に、そして効率よく確実に進めていくことができるのです!!

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!

肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

【プールダイエット】水泳・水中ウォーキングの効果とメリット

2023/08/10

 

プールダイエットは、水泳や水中ウォーキングを活用した効果的な有酸素運動方法です。

この記事では、プールダイエットのメリットと効果について詳しく紹介します。

 

初心者の方でも理解しやすいよう、基本的なポイントから解説していきます。

 

 

プールダイエットのメリットと効果

 

膝や腰など関節・靭帯に負担がかかりにくい

 

水中では浮力が働くため、関節や靭帯にかかる負荷が軽減されます。

そのため、膝や腰の不調に悩んでいる方でも安心して有酸素運動を行うことができます。

 

 

ケガをしにくい

 

水中では身体が軽くなり、衝撃や負荷を受けるリスクが低くなります。

比較的安全な環境で運動することができるため、ケガの心配をすることなく有酸素運動に取り組むことができます。

 

 

地上よりも消費カロリーが増える

 

水中での運動は抵抗が大きいため、同じ動作を地上で行うよりも消費カロリーが高くなります。

水の抵抗を乗り越えるために体がより多くのエネルギーを消費するため、効率的なダイエットが期待できます。

 

 

水圧で血行が促進される

 

水の圧力により、血液の循環が促進されます。

この効果により、むくみの改善や新陳代謝の向上が期待できます。

 

 

循環器系が強くなる

 

水中でのトレーニングは心肺機能を高める効果があります。

心臓や肺の機能を向上させることで、体全体の健康をサポートし、持久力を向上させることができます。

 

 

容に変化をつけやすく飽きずに続けられる

 

水中での運動はバリエーション豊かなメニューを組むことができます。

さまざまなスタイルの泳ぎやエクササイズを取り入れることで、飽きることなくトレーニングを続けることができます。

 

 

必要器具が少なく安価でトレーニングできる

 

プールダイエットは必要な器具が比較的少なく、手軽にトレーニングを始めることができます。

水着やゴーグルなど基本的なアイテムを揃えれば、費用を抑えながら効果的な有酸素運動を実践できます。

 

 

天候に左右されない

 

プールは屋内施設が多く、天候に左右されずに利用することができます。

雨や風が強くても安心してトレーニングを続けることができるので、一年中ダイエットを継続することができます。

 

 

水中ウォーキングなら、泳げなくても始められる

 

水中ウォーキングは、水の中で歩くだけの運動です。

水中での浮力を利用した効果的な有酸素運動となりますので、泳ぐことが苦手な方でも取り組むことができます。

 

 

 

 

レベル別!プールダイエットおすすめメニュー

 

初心者:水中ウォーキング

 

水中ウォーキングは、水の中で正しいフォームで歩くことで全身の筋肉を使い、有酸素運動を行います。

水の抵抗によって筋力トレーニングの効果も期待できます。

 

主に使う筋肉の部位

ふくらはぎ、腹筋

 

中級者:クロール

 

もっとも一般的な泳法の一つです。

腕を左右交互に大きく回して水をかく事で、前に進みます。

肘を引き、高く保った状態で前へ伸ばしハンドエントリーする動作は、三角筋・僧帽筋・肩甲骨周辺。

そこから水をかく動作は、大胸筋・前鋸筋。

バタ足は、膝や足首を柔らかく使うため、大腿四頭筋やハムストリングスには大きな負荷はかからず、主に体幹部と言われる腹横筋・内外腹斜筋・腸腰筋が使われます。

 

主に使く筋肉の部位

肩・肩甲骨周辺、大胸筋、体幹部

 

中級者:平泳ぎ

 

クロールと並んで一般的な泳法の一つです。

腕の動きが大胸筋の動きに沿っており、最後に手のひらで水を挟み込む動作は、まさに大胸筋の収縮が重要です。

脚の動きは、腸腰筋を使って膝を引きつけ、大腿四頭筋とふくらはぎの筋肉で水を蹴っていきます。

ストロークの後半は、脚を閉じてそろえるため、内転筋やハムストリングスへの負荷も大きくなります。

また、息継ぎをする際、上半身全体を高く持ち上げるため、脊柱起立筋も使われます。

 

主に使う筋肉の部位

大胸筋、大腿四頭筋、内転筋、ハムストリングス、脊柱起立筋

 

中級者:背泳ぎ

 

広く知られてはいるが、仰向けで泳ぐ事で前が見えない事もあり、ダイエット目的でする人は少ないかもしれません。

腕の動きは、広背筋の収縮がメインになります。

また、上半身のねじれも使って大きく動作する事で、内・外腹斜筋、脊柱起立筋にも大きな負荷がかかります。

 

バタ足に関しては、前述のクロールと同様、膝や足首を柔らかく使うため、大腿四頭筋やハムストリングスには大きな負荷はかからず、主に体幹部と言われる腹横筋・内外腹斜筋・腸腰筋が使われます。

 

主に使う筋肉の部位

広背筋、体幹部、脊柱起立筋

 

上級者:バタフライ

 

かなり難しい泳法です。

ちなみに、筆者はできません。

 

ドルフィンキックと言われる両足をそろえた独特なキックに合わせて、上半身を大きく持ち上げ、両手で同時に水をかくこの泳法は、できるととてもかっこいいです。

 

ドルフィンキックは、大腿四頭筋とハムストリングスをバランスよく使い足をしならせる事が重要です。

また、腹直筋で下半身全体を引きつけることで、強い推進力を生みます。

上半身も持ち上げる際は、ハムストリングスと脊柱起立筋を強く使います。

腕のストロークは、広背筋の動きが重要です。

 

主に使う筋肉の部位

広背筋、大腿四頭筋、ハムストリングス、脊柱起立筋、腹直筋

 

 

 

 

水泳ダイエットの頻度と時間の目安

 

水泳ダイエットの頻度は、週に何回行うかが重要です。

一般的には週3回以上の水泳トレーニングを目指すことが推奨されています。

週3回以上のトレーニングを行うことで、十分な運動量を確保し、ダイエット効果を最大化することができます。

 

 

また、水泳の時間の目安については、30分から1時間程度が一般的です。

これは、十分な運動量を確保するために必要な時間です。

ただし、初心者の場合はまずは無理せず、徐々に時間を延ばしていくことが大切です。

最初は10分から15分程度から始めて、慣れてきたら徐々に時間を増やしていきましょう。

 

 

水泳の時間帯については、自身の都合や体調に合わせて選ぶことができます。

朝の時間帯に行うことで、新鮮な気持ちで一日をスタートさせることができますし、夜の時間帯に行うことで、一日の疲れを癒すことができます。

個人のライフスタイルや体調に合わせて、最適な時間帯を選びましょう。

 

 

さらに、水泳ダイエットの効果を高めるためには、単純に泳ぐだけでなく、インターバルトレーニングや水中エクササイズなど、様々なバリエーションのトレーニングを取り入れることもおすすめです。

これにより、筋力トレーニングや有酸素運動の効果を高めることができます。

 

 

最後に、水泳ダイエットは継続が重要です。

長期的な目標を設定し、週3回以上のトレーニングを継続することで、ダイエット効果を実感することができます。

一時的な結果に固執するのではなく、着実な成果を求めるために、継続的な取り組みを心がけましょう。

 

 

 

 

水泳ダイエットを行う際の注意点と成功のコツ

 

泳ぐ前後にはストレッチを行う

 

水中でのトレーニング前後には、筋肉をほぐすストレッチを行うことが大切です。

これにより、ケガの予防やパフォーマンスの向上につながります。

 

 

長く水に入り過ぎない

 

水中での運動は身体に負荷がかからないため、長時間連続して行いがちです。

しかし、適切な時間を守ることで疲労を溜めず、効果的なトレーニングを行うことができます。

 

 

水分補給をしっかりする

 

水中での運動は体温の上昇を抑えるため、発汗による水分の失われにくい運動と言えます。

しかし、しっかりと水分補給を行うことで、体内の水分バランスを保ちながらトレーニングを続けることができます。

 

水泳・水中ウォーキングで健康的に美しく!

 

 

 

 

水中運動の特性とダイエット効果

 

水中の高いカロリー消費効果

 

水中での運動は、体全体の筋肉を使うため、高いカロリー消費効果が期待できます。

有酸素運動と筋力トレーニングの組み合わせにより、効率的な脂肪燃焼が可能です。

 

 

水温が低いため自然にカロリーを消費する

 

水温が低い状態では、体温を維持するためにエネルギーを消費します。

このため、水中での運動は自然にカロリーを消費する効果があります。

 

 

抵抗があるため2~3倍のカロリーを消費する

 

水の抵抗により、同じ動作を地上で行う場合よりも2~3倍のカロリーを消費すると言われています。

この効果により、効率的なダイエットが可能となります。

 

水中は体への負担が少ない

 

水中では浮力が働くため、体重の約1/10に軽減されます。

そのため、関節や筋肉への負担が少なく、怪我のリスクが低いと言えます。

 

 

プールの浮力と水圧の影響

 

プールの浮力は、身体の負荷を軽減し、関節や筋肉を保護します。

また、水圧によって血液の循環が促進され、むくみの改善や新陳代謝の向上が期待できます。

 

 

水流を使った効果的な運動

 

プール内の水流を利用することで、より効果的な運動が可能です。

水中ウォーキングや水中ランニングなど、水流を利用したエクササイズを取り入れることで、筋力トレーニングや有酸素運動をより効果的に行うことができます。

 

 

水中運動のダイエットメニュー

 

水中でのトレーニングには様々なメニューがあります。

水中ウォーキングや泳ぎのスタイルに加えて、水中エアロビクスやウォーターヨガなども人気です。

自分の目標や好みに合わせて選ぶことができます。

 

 

水泳でダイエットするためのポイント

 

水泳後の食事管理に注意する

 

水泳や水中ウォーキングの後は、エネルギー消費が高まっているため、栄養バランスの取れた食事を摂ることが重要です。

タンパク質や炭水化物、ビタミンなどの栄養素をバランス良く摂り入れましょう。

 

 

水泳の時間は30分〜1時間から

 

効果的な水泳ダイエットを行うためには、30分から1時間程度の運動時間を目安にしましょう。

初めての方は少ない時間からスタートし、徐々に増やしていくと良いでしょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

プールダイエットは、関節や筋肉への負担が少なく、効果的なダイエット方法です。

水中での運動には多くのメリットがあります。

正しいフォームやポイントを押さえながら、適度な運動時間を設定しましょう。

そして、適切な食事管理や水分補給も忘れずに行うことが成功の鍵です。

 

プールダイエットを取り入れて、健康的で美しい体を手に入れましょう。

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

コストパフォーマンス重視?一般のジムとパーソナルジムのメリットとデメリット

2023/06/25

 

ジム選びは、健康や自身の運動目標を達成する上で重要な要素です。

しかし、予算も重要な考慮事項です。

本記事では、「一般のジム」と「パーソナルジム」の比較を通じて、コストパフォーマンスを重視した選択について探っていきます。

 

一般のジムは、リーズナブルな月会費や幅広いトレーニング機器、多様なグループクラスなどが魅力的です。

一方、パーソナルジムはパーソナルトレーナーによる個別指導カスタマイズされたプログラムが特徴ですが、高い費用がかかることもあります。

 

本記事では、それぞれのジムのメリットデメリットを紹介し、コストパフォーマンスを比較する際に考慮すべきポイントについても触れます。

予算に合わせた最適なジム選びをするために、読者の皆さんに役立つ情報を提供します。

 

 

 

1.一般のジムのメリット

 

 

一般のジムには、以下のようなメリットがあります。

 

 

 

 

リーズナブルな月会費

 

一般のジムは、一般的に月会費が比較的低く設定されています。

予算に制約のある人にとっては、経済的な負担が少なく、長期的な利用がしやすい点が魅力です。

 

 

 

 

幅広いトレーニング機器と施設の利用

 

一般のジムは多くのトレーニング機器や施設を提供しています。

カーディオマシン、フリーウェイト、マシントレーニングなど、多様な運動方法に取り組むことができます。

また、シャワーや更衣室などの設備も整っていることが多いです。

 

 

 

 

豊富なグループクラスやトレーニングプログラム

一般のジムでは、さまざまなグループクラストレーニングプログラムが提供されています。

エアロビクス、ヨガ、グループトレーニングなど、自分の興味や目標に合わせて選択できます。

これらのクラスやプログラムは、モチベーションを高め、社交的な環境でトレーニングを楽しむことができます。

 

 

 

 

 

 

一般のジムメリットは、予算に制約のある人や自己管理能力が高く、自分自身でトレーニングを行いたい人にとって魅力的です。

しかし、混雑や待ち時間、パーソナライズされた指導の不足など、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。

次章では、一般のジムデメリットについて詳しく説明します。

 

 

2.一般のジムのデメリット

 

 

一般のジムには以下のようなデメリットがあります。

 

混雑した施設や待ち時間の問題

 

一般のジムは一般的に多くの人が利用しています。

そのため、ピーク時にはトレーニング機器や施設が混雑し、待ち時間が生じることがあります。

時間に制約のある人やスムーズなトレーニングを求める人にとってはストレスとなるかもしれません。

 

 

 

パーソナライズされた指導やサポートの不足

 

一般のジムでは、一般的にトレーニング指導やパーソナルサポートが限られています。トレーニングのフォームテクニックを正しく学ぶ機会や個別のアドバイスを受ける機会が少ないため、初心者や特定の目標を持つ人にとっては不十分かもしれません。

また、独自の研修制度で認定を受けたパーソナルトレーナーによるトレーニングオプションを受けられる場合がありますが、トレーナーの経験が浅かったり知識が不十分である事も多いようです。

 

 

 

トレーニングの質や効果の一律性

 

一般のジムでは、一般的に大勢の人が利用するため、個々のニーズやトレーニングレベルに合わせたカスタマイズが難しい場合があります。

トレーニングの質効果に関しては、個人差が生じる可能性があります。

自分自身でトレーニングプログラムを設計・管理できる人には適していますが、専門的なガイダンスやアドバイスが必要な人には不十分かもしれません。

 

 

以上のデメリットを踏まえて、自身の目標やトレーニングニーズと照らし合わせて、一般のジムを選択するかどうか判断する必要があります。

次章では、パーソナルジムメリットについて詳しく説明します。

 

 

 

 

3.パーソナルジムのメリット

 

 

パーソナルジムには以下のようなメリットがあります。

 

パーソナルトレーナーによる個別指導とカスタマイズ

 

パーソナルジムでは、専属のパーソナルトレーナーが個別に指導を行います。

トレーニングプログラムは個々の目標ニーズに合わせてカスタマイズされ、フォームやテクニックの正確性を確保することができます。

トレーナーからのタイムリーフィードバックやアドバイスも得られるため、効果的なトレーニングが可能です。

 

こういった指導は、タイミングがとても重要です。

的確なタイミングで、必要なアドバイス確実に伝えてもらえるかどうかについては、トレーナーの質が問われます。

 

 

 

トレーニング機器を利用したバリエーション

 

トレーニングジムは一般的に、たくさんのトレーニング機器や設備を備えています。

しかし、一般のジムにも言えることですが、スペースには限界があり、全てがそろう事はありません。

そこにある、限られた器具を使って、希望した部位を的確にボディメーキングするためのバリエーショントレーナー次第です。

 

また、施設自体も清潔快適な環境が整っていることが多く、トレーニングに集中できます。

 

 

 

 

パーソナライズされた食事プランや健康管理の提供

 

 パーソナルジムでは、トレーナーが食事プランの提案健康管理のサポートも行います。

栄養面や体調管理においても個別のアドバイスを受けることができ、トレーニングの成果を最大化するためのサポートが得られます。

 

そういったサービスを行わないパーソナルジムもありますが、食事の重要性を無視した、単なるトレーニング体験施設であると言えるでしょう。

 

 

 

パーソナルジムメリットは、個別の指導やカスタマイズ高品質なトレーニング環境パーソナライズされたサポートにあります。

特定の目標を持つ人や正しいトレーニング方法を知りたい初心者にとっては、より効果的かつ効率的なトレーニングが期待できます。

ただし、高い月会費や予約制の制約など、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。

 

次章では、パーソナルジムデメリットについて詳しく説明します。

 

 

 

 

4.パーソナルジムのデメリット

 

 

パーソナルジムには以下のようなデメリットがあります。

 

高い月会費やトレーニング料金

 

パーソナルジムは、一般的に一般のジムよりも高い月会費トレーニング料金がかかります。

個別指導やカスタマイズされたサービスの提供にはコストがかかるためです。

予算に制約のある人にとっては負担となる可能性があります。

 

 

 

予約制や制限された時間帯の問題

 

パーソナルジムでは、トレーナーとのセッションの予約が必要な場合があります。

人気のあるトレーナーや時間帯は争奪戦となり、予約が取りづらいことがあります。

また、ジムの営業時間が限られている場合もありますので、自分のスケジュールとジムの営業時間を調整する必要があります。

 

 

 

 

初心者向けのプランやグループ活動の不足

 

パーソナルジムは個別指導が中心ですので、初心者向けのプランやグループ活動が不足していることがあります。

なんとなくジムに通い始めたい人社交的な環境でトレーニングを行いたい人にとっては、一般のジムの方が適している場合があります。

 

 

 

 

パーソナルジムデメリットを踏まえて、自身の予算トレーニングニーズ目標に合わせて選択を検討する必要があります。

高品質な指導カスタマイズ快適なトレーニング環境を求める人には魅力的ですが、予算や利便性の面で制約があることも考慮すべきです。

次章では、一般のジムパーソナルジムコストパフォーマンスの比較について詳しく説明します。

 

 

 

 

 

5.一般のジムとパーソナルジムのコストパフォーマンスの比較

 

 

一般のジムパーソナルジムを比較する際に、以下のポイントを考慮することが重要です。

 

予算と利用頻度

 

自身の予算とジムの利用頻度を考えましょう。一般のジムは月会費がリーズナブルなため、長期的な利用に適しています。

一方、パーソナルジム高いレッスン料金がかかるものの、個別指導カスタマイズされたプログラムが受けられます。

予算に応じて、自分の利用頻度目標に合った選択をしましょう。

 

 

 

 

トレーニングの効果とサポート

 

自身のトレーニング目標ニーズに合った効果的なトレーニングができるかどうかも重要な要素です。

パーソナルジムでは専属のトレーナーによる個別指導が受けられるため、効果的なプログラムが提供されます。

一般のジムではトレーナーのサポートは限られますが、自己管理能力が高い人には適しています。

 

 

 

 

快適さと利便性

 

ジムの環境や設備の快適さも比較ポイントです。

一般のジムは多くの機器や施設を提供していますが、混雑や待ち時間が発生することがあります。

一方、パーソナルジム高品質なトレーニング機器と快適な環境が整っていますが、予約制や制限された時間帯がある場合もあります。

自身の優先順位利便性を考慮して選択しましょう。

 

 

 

最終的な選択は、自身の予算目標ニーズによって異なります。

予算を最大限に活用したい人や自己管理能力が高い人には一般のジムが適しています。

一方、トレーニングの効果個別指導重視する人や正しいトレーニングができるようになりたい初心者にはパーソナルジムが適しているかもしれません。

各ジムのメリットデメリット総合的に考え、自分に合ったコストパフォーマンスの高い選択をしましょう。

 

 

 

 

以上が、一般のジムパーソナルジムコストパフォーマンスの比較に関するポイントです。

自身の優先順位ニーズ明確にし、慎重な選択を行いましょう。

 

 

 

 

6.最適な選択をするための考えたいこと

 

 

一般のジムパーソナルジムメリットデメリットを理解した上で、最適な選択をするために以下の考慮事項を検討しましょう。

 

目標とニーズの明確化

 

自分のトレーニング目標ニーズ明確にしましょう。

体力向上筋力トレーニングダイエットなど、自分が達成したい目標に応じてジムの選択が異なります。

また、初心者であればトレーニングの基礎を学びたいかもしれません。

目標ニーズに合わせたトレーニングプログラムサポートが提供されるかどうかを確認しましょう。

 

 

 

 

予算と長期的な費用対効果

 

自身の予算を考慮しましょう。一般のジムは月会費が低く、初期費用も抑えられます。

しかし、パーソナルジム高いレッスン料金がかかる場合があります。

将来的にも継続して通えるか、長期的な費用対効果(コストパフォーマンス)を考えて判断しましょう。

 

 

 

 

トレーニングのサポートと指導内容

 

自身のトレーニングレベル自己管理能力に合わせたサポートと指導が受けられるか確認しましょう。

パーソナルジムでは専属のトレーナーが個別指導を行いますが、一般のジムでは自己管理能力が求められます。

自分がトレーニングにおいてどの程度のサポート指導必要とするのかを考えましょう。

 

 

 

 

トレーニング環境と利便性

 

ジム環境利便性も重要です。

一般のジムは多くの機器や施設を提供していますが、混雑待ち時間が発生することがあります。

一方、パーソナルジム高品質な機器と快適な環境が整っていますが、予約制や制限された時間帯がある場合もあります。

自身のスケジュール利便性の重要度に応じて選択しましょう。

 

 

 

 

以上の考慮事項を踏まえて、自身の目標ニーズ予算トレーニングレベル利便性などをバランスよく考えながら最適なジムを選びましょう。

最終的な選択は個人によって異なりますので、自身の優先順位と目標に合わせたジムを選択することが重要です。

 

 

 

 

 

7.さいごに

 

もう一つの重要なコストについて

 

 コストパフォーマンスを考えるうえで、金銭的以外に忘れてはいけない重要な要素は、時間です。

代金を支払うと同時に、大切な時間を費やしていることを忘れてはいけません。

このことに関しては、くわしく書かれた記事をご紹介させていただきます。

 

関連記事:限りあるもの「時間」の使い方を考える

限りあるもの「時間」の使い方を考える

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

最近の気になったパーソナルトレーニングジムのニュースについて!

2023/06/04

 

こんにちは

パーソナルトレーニングジム姿 豊田店の姿です。

 

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/2c4c0f2572796d3413e5bee34090b1bedd3c12eb

 

気になった記事がありましたのでシェアしたいと思います。

 

 

 

この記事のように最近は、筋トレ未経験レベルで営業しているパーソナルジムが多いと聞きます。

コーチング業ではなく、ただの接客業としてこの業界で活動するつもりなら、「筋トレ未経験レベルのパーソナルトレーナー」で問題なしということなのでしょうか。

 

 

数年前の話になりますが、インスタグラムでパーソナルトレーニングの様子を毎回動画でアップさせている女性がいましたが、トレーナーがフォームを全く理解していない内容の動画でした。

 

ある日、不自然なほど重い重量のスクワットをつま先重心でクォーターでやっている動画をアップさせた時のことでした。

おそらく、この動画を見た専門家が「大変危険でしかもやっても効果のないトレーニング」であることを指摘したのでしょう。

もしかしたら、そんなメッセージがたくさん送られて来たのかもしれません。

その日をきっかけに、その女性の毎日更新していたインスタグラムがパッタリと途絶えました。

 

その女性にとって大きなパラダイムシフトだったのかもしれませんが、筋トレ未経験レベルのパーソナルトレーナーが行うパーソナルトレーニングは、危険なだけでなくやっても効果はないです。

 

 

 

当パーソナルジムは、豊田店と岡崎店で合計3名という、少数精鋭でやらせていただいております。

 

https://www.sugata-as.com/company/ 

 

入会後に突然経験の浅いトレーナーが担当になる、ということがこのパーソナルジム業界ではよく見受けられるそうですが、当ジムではこの3名以外のトレーナーが担当者になったりすることはありません。

 

また、当パーソナルジムはそれぞれが1万時間以上の経験を有するトレーナー陣です。

各トレーナーそれぞれ、1000人以上のレッスンの実績があります。

 

 

 

パーソナルジムへ入会する際に「担当トレーナーが誰なのか」ということを曖昧にしておくと、いざ入会後とんでもない素人さんが出てくる可能性もありますので注意が必要です。

 

当パーソナルジムでは、未経験者をたった数時間~たった数百時間の研修で採用することはありませんのでご安心ください。

 

 

 

 

産後の筋トレ、ダイエット

2023/05/14

 

こんにちは。
豊田店スタッフの鈴木です。

 

前回は産前ダイエットについてお伝えしたので
今回は、産後ダイエットのポイントについてお話ししましょう。

 

出産後のママからよく聞くのは…
「出産したら、体重が戻ると思っていた!」
と言う声です。
出産したのに、体重は戻らず、むしろ増え続けてしまう…
それは一体なぜなのでしょうか。
理由はいくつかあります。

 

実は、妊娠中についた脂肪は、母乳の栄養源となり、体がそれを使い続けます。
したがって、産後に体重が戻りにくい大きな要因となります。
そのほかには、赤ちゃんの夜泣きや、子育てに忙しく、睡眠時間が十分に取れないこと。
運動不足や、食生活の乱れ、ストレスなども関わってきます。
また、出産に伴い、ホルモンバランスが激しく変化するため、食欲が増加したり、基礎代謝が変わったりすることもあり、それが原因となるケースも。

 

体重が戻りにくくなってしまうのは仕方ないとしても
適正な体重に戻すことが、ママの健康にも大切です。
無理のない範囲で健康的な体重に戻していきましょう。

 

出産は、女性にとって、とても大きな負担となるイベントです。

それに加えて、年齢や妊娠、出産に伴って体型が元に戻りにくくなります。

そうなると、自分に自信が持てなくなってしまう方が多いです。

まだまだ人生これからです。

筋トレで女性としての自信を取り戻しましょう!

 

産後ダイエットは、産前ダイエットや、通常のダイエットと同様、
適切な食事
適度な運動
十分な睡眠
ストレス管理
がとても大切な要素となります。

 

授乳に必要な栄養を摂取するため、たくさんのエネルギーが必要になることは確かなのですが
食べ過ぎてしまうと、より体重増加を促進してしまいます。
加工食品や、糖分の多い飲料は避けて、新鮮な野菜や果物、タンパク質を積極的に摂取しましょう。

プロテインなどの栄養補助食品を摂取することも効果的です。

そのほか栄養指導も、知識豊富なトレーナーがしっかり指導します。

 

運動に関しては、出産後は体力が落ちているため、急激に始めると身体に負担をかけてしまいます。
少しずつ徐々に運動量を増やしていきましょう。

あくまでも自分の体調に合わせ、行うことが大切です。

 

産後は腰痛が起こりやすくなります。
腰を守るためにコアトレーニングを行いましょう。
コアトレーニングとは、体幹部分(腹筋、背筋、お尻の筋肉、内腿筋など)を強化するためのトレーニング方法のこと。
体幹部分の筋肉を鍛えることで、姿勢改善や運動能力向上、怪我の予防などに効果があります。
(コアトレーニングも、パーソナルトレーニングジム姿にお任せくださいね!)

 

筋トレは正しいフォームで行うことが重要です。
知識のない状態でトレーニングを行うと、とても危険です。
安全で、効果が高く、あなたに合ったトレーニングをご提案しますので、安心して全てをお任せください!!

 

 

筋トレで健康的な産後ライフを目指しましょう。

産前の筋トレ、ダイエット

2023/04/15

 

こんにちは。

豊田店スタッフの鈴木です。

 

今回は、産前の筋トレ、ダイエットについてお話しますね。

 

産前ダイエットとは、その名の通り”産前に行うダイエット”のことです。

妊娠中は、体重は増えて当然ではあるのですが、増えすぎてもよろしくないのです。

適正体重内を保つことで、妊娠中の合併症リスクを減らすことができます。

妊婦は、安静に、家でゆっくりご飯をたくさん食べていれば良い…

と良く聞きますが、これはもう古いのです!

 

産前ダイエットにおける重要なポイントは

食事

運動

睡眠

の三つです!

 

産前ダイエットであっても、やはり大切なのはこの三つです。

 

食事については、その内容がとても重要です。

当パーソナルジムでは食事についてもしっかりとアドバイスしていますが、赤ちゃんのためにも正しく食事をとって、出産に備えましょう。

 

 

そして、筋力トレーニングがとても大切です。

正しく安全に筋トレを行うことで、より健康的に出産に臨むことができます。

ただし、妊娠前に運動不足だった場合は、赤ちゃんやママの体に大きく負荷がかかってしまう場合があります。

とにかく「正しい筋トレ」です。

 

産前の「正しい筋トレ」は、妊娠中における母体の健康や出産にポジティブな影響が期待できます。

どのような影響かと言いますと…

出産前に、母体の体力や筋力を維持することができます。

出産時の負担を軽減することができます。

妊娠中の体重増加に対応するために必要な筋力を維持出来ますし、出産後の回復を促進するのです。

出産には、骨盤底筋群の強化が重要です。

これは、出産時に骨盤が十分にサポートされて、膀胱や直腸の損傷を防止するのに役立ちます。

 

いかがですか?

産前だからといって、運動を控える必要がないこと、

そして、むしろ筋トレをした方が良いということががお分かりいただけましたか?

 

 

 

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

腹圧をかけて、ぎっくり腰予防・腰痛対策

2023/03/28

腹圧をかけることは、体幹の安定性を高め、身体の力強さやパフォーマンスを向上させるために重要です。

腹圧をかけることで、姿勢改善やぎっくり腰の予防にもつながります。

そもそも腹圧をかける行為自体が、安易な体制や不用心な動きを防ぐので、そういった「気をつけて動く」事がかなりの予防になると思います。

 

 

これは、慢性的に腰痛のある人が日常的にしている「腰をかばう行為」とは、完全なる別物です。

「腰をかばい」ながら生活している人は、なるべく上半身を前傾させない様にして、腹圧をかけず、腰部の筋肉(脊柱起立筋など)に負荷がかからない様に動いてしまっているのではないでしょうか?

腰部の筋肉に負荷がかからないという事は、腰部の筋肉がどんどん弱くなっていきます。

つまり、腰はどんどん弱くなっていき、ますます腰痛を引き起こしやすくなっていくのです。

 

 

ぜひ、この機会に腹圧のかけ方を覚えていただき、強い腰を手に入れていただきたいです。

 

 

【腹圧のかけ方】

 

1.息を吸い込んで、腹部を膨らませます。

2.吐きながら、腹筋を収縮させ、腹部を内側に引っ込めます。

3.吐ききった後も、その状態を保ちます。

 

 

腹圧がかけられるようになったら、その状態を保ったまま呼吸ができるようになりましょう。

日常的に腹圧がかかった状態をキープできるように、心掛けながら日々の性格を送れるようになる事を目指しましょう。

 

 

【呼吸法の練習】

 

 

腹圧をかけるためには、適切な呼吸法が重要です。

例えば、横になって腹式呼吸を行うと、腹部に空気を取り込みやすく、腹圧をかけやすくなります。

深呼吸をし、息を吐き出すときに、下腹部を引き上げ、内臓を上に持ち上げるようなイメージで力強く吐き出すようにすると、腹圧をかけやすくなります。

 

 

【腹圧の練習方法】

 

 

プランク

 

 

 

 

プランクは、腹圧をかけるために非常に効果的なエクササイズです。

体を水平に保ち、手やつま先をついて腕立て伏せのような姿勢で体を支えます。

この状態で、腹筋と骨盤底筋群を引き締め、腹圧をかけます。

 

 

スクワット

 

 

 

スクワットは、下半身の強化にもなるエクササイズですが、同時に腹圧をかけるためのトレーニングにもなります。

足を肩幅に開き、腰を落として膝を曲げます。

この状態で、腹筋と骨盤底筋群を引き締め、腹圧をかけます。

 

 

 

デッドリフト

 

 

 

デッドリフトは、背筋や腰の筋肉を強化するためのエクササイズですが、この種目もまた、腹圧のトレーニングにもなります。

バーを膝下に持ち、背筋を伸ばして起き上がります。

この状態で、腹筋と骨盤底筋群を引き締め、腹圧をかけます。

 

 

 

まとめ

 

 

バリエーションを取り入れる

 

同じトレーニングを繰り返すのは単調になります。トレーニングを楽しく続けるためにも、バリエーションを取り入れることをお勧めします。

例えば、重りを使ったトレーニングや、バランスボールを使ったトレーニングなど、様々な方法で腹圧をかける練習をしてみましょう。

 

 

もっと詳しい記事は、こちら

腹圧を基本からマスター! ~初心者向け~ 腹圧かけ方ガイド

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

フルマラソンに挑戦するクライアントNさんのエピソード

2023/02/22

マラソンと言えば、高橋尚子さんを始め、増田明美さんや鈴木健吾選手など、長年にわたってたくさんの日本人選手が活躍している競技ですよね。

特別な場所や道具がなくてもできるので、気軽に始めやすいせいか、一般の人たちにもかなり人気なスポーツです。

 

 

みなさんこんにちは。

パーソナルトレーニングジム姿 岡崎店マネージャー

「マラソン競技と言えば、Qちゃん」な世代の井上です。

 

さて、今日は来月フルマラソンに初挑戦されるクライアントNさんのお話です。

 

初挑戦といっても、フルが初なだけで、ハーフ専門でずっと走っている方です。

なので、初めてですがサブ4(4時間以内)を狙って練習中です。

 

ヒンズースクワット500回とかはやっていましたが、あまり長距離を走ったことがない私は、ハーフでもすごいなと思ってしまいます。

ヒンズースクワットもプロレスの練習生時代のことなので、もう20年以上前の話になりますね…

 

 

さて、Nさんがフルマラソンに向けて、練習で初めて25km(いつものハーフより少し長い距離)を走った時のことです。

レッスンの時に、「練習でお尻を痛めた」と相談されました。

長距離を走った場合、いつも軽い痛みを感じる部分なのだそうです。

 

解剖図を見ながら話を聞いていくと、どうやら痛めたのは内閉鎖筋でした。

 

内閉鎖筋というのは、骨盤周辺の小さな筋肉で、とてもマニアックな筋肉です。

かくいう私も、今まで内閉鎖筋という名前は、気にしたことも覚えたこともなかったです。

 

さて、ここからが面白い話です。

 

 

Nさんは、「練習で痛めた内閉鎖筋を痛みがなくなるまで休めた方がいいのか」と悩んでいました。

 

しかし、私は、無い知恵を絞り、内閉鎖筋に負荷が入るスクワットフォームを考え、レッスン内容に提案しました。

 

 

 

結果

 

痛みはその日のうちに軽減しました。

 

Nさんのご希望で、大会の日までは、レッスンの度に毎回この内閉鎖筋スクワットをやってもらっています。

 

 

今回は、スポーツで故障をした時のリハビリ的なトレーニング法のお話でした。

Nさん、サブ4達成できるよう、応援しています!!

 

 

 

 

豊田市、岡崎市でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は、是非お問い合わせ下さい!!
肉体改造、ダイエット、スポーツパフォーマンス向上等はお任せください!

正しい筋トレのすすめ

2023/01/10

新年あけましておめでとうございます。

おかげさまで、パーソナルトレーニングジム姿は、16年目のお正月を迎えることができました。

ひとえに皆様のお力添えあってこそでございます。

心より感謝申し上げます。

 

 

みなさんこんにちは。

パーソナルトレーニングジム姿 岡崎店マネージャーの井上です。

 

2023年最初の記事は、「正しい筋トレのすすめ」と称しまして、トレーニングをするにあたって、理解しておきたい根本であり、基本の部分を書いていきたいと思います。

 

今は、Youtubeなどインターネット上ですばらしい情報が簡単に手に入る時代ですから、家トレや24時間ジムなどで、自己流で成果を出そうとする人は少なくないと思います。

それと同時に、思う様に成果を上げられていない人もまた、たくさんいるのが現状です。

 

できてるつもり

やれてるつもり

なのに、なぜか体は変わっていかない。

 

なんで?

 

おそらく単純に

やるべきことが、できていないからでしょうね。

 

「見たまんまやってみたら、どんどん成果が出た」

という人は、ただラッキーだっただけです。

そして、

「全然成果がでない」

という人は、ただアンラッキーなのでしょう。

 

どちらも理論がないから、たまたまなのです。

 

たまたまうまくいった人はいいですが、たまたまうまくいかなかった人は、それを続けることでそのうち何かが変わり始めることは、あまり期待できないでしょう。

なにかを変えなければいけません。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、結論を書きます。

 

筋トレで成果を出すために必要なことは、

ターゲットの筋肉に危機感を与えることです。

 

そして、

そのためには、トレーニング種目をひとつひとつを正しくシンプルに理解する必要があります。

 

12月に書いた記事の言葉をもう一度書きます。

前回の記事は、こちらです。

 

人間は、「骨と筋肉」でできています。

 

骨格は、関節が中心となり、骨が円運動します。

その骨格は、どれかの筋肉が収縮する事で、初めて動くのです。

 

「腕を上げよう」と思っただけで、腕が上がる。

これが、一般的な感覚でしょう。

しかし、思っただけで上がるわけはありません。

腕を上げる筋肉を脳が選んで収縮しているのです。

 

という事は、重りの上げ下げよりも、筋肉がどう動いているか

つまり、体の使い方がとにかく重要だという事です。

 

 

ちゃんと筋肉に力が入り、だんだん疲れてきて限界を感じる。

これがとても重要です。

そして、限界を超えたところで、初めて筋肉は危機感を感じます。

ここで、ようやく筋肉が育つスタートラインに立てます。

 

限界超えるって…

と思われるかもしれませんが、そういう事なんです。

限界を超える方法は、いろいろあるかと思いますが、トレーナーが補助につくことが、一番手っ取り早いのも事実です。

 

ぜひ、今年もよいトレーニングライフをお過ごしください。

 

今年もよろしくお願いします。

正しいダイエットのすすめ

2022/12/30

今年も残すところあと少しとなりました。

今年は皆様にとってどんな年になりましたでしょうか?

 

みなさんこんにちは。

パーソナルトレーニングジム姿 岡崎店マネージャーの井上です。

 

 

個人的には、今年は悪くない年だったように思います。

と言っても、約42年生きてきて、「今年は、最悪の年だったな」という年は、今のところないのが現状ですが・・・

とても幸せな事ではありますが、「とにもかくにも気の持ちようである」というのが、持論であります。

 

さて、今年を締めくくるにあたって、原点に立ち返り、正しいダイエットについてしっかりとお伝えできればなと思いました。

 

そもそも理想とするダイエットとは、どういった物なのでしょう?

 

体形など細かい話になると、目指すところは人によってかなり意見が分かれるところだと思います。

 

その目標や目的によって、食事内容やアプローチ方法が変わってきます。

 

ただ、「これ望む人はあまりいないよね」という物は、いくつか考えられます。

 

 

たとえば

リバウンド

 

リバウンドと言うのは、「減らした体重が元に戻る事」という認識が一般的なのではないでしょうか?

しかしそれは、本当に元通りなのでしょうか?

 

これを考えるのに重要なポイントは、

「そもそもダイエットの目的は、体重を減らすことですか?」

です。

 

ダイエットのきっかけは、人それぞれだと思います。

「太ってきたので痩せたい」

「重くなってきて膝が痛い」

「かっこよく水着が着たい」

「お医者さんで体重を減らすように言われた」

などなど

 

では、これらは本当に体重を減らすこと自体が目的になるでしょうか?

 

「太っている」と感じていたり、「水着など服装をかっこよく着こなしたい」という気持ちは、「体重」ではなく「見た目、体形」の話です。

「重くなってきた」は、体重の事のようにも思えますが、実際には体重が筋力を上回っているという話で、どちらかと言うと「筋力」の話です。

「お医者さんで体重を減らすように言われた」に関しては、目的は「健康」であり、「体重を減らす」は、「手段」にすぎません。

 

このように、本当の意味で「体重を減らすこと」を目的としている人は、とても珍しいのではないかと考えられます。

 

つまり、体重を減らすことが目的ではないのに、減った体重がまた増えた事を「リバウンドだ」と言って嘆いても、そもそもズレている事になります。

 

 

物事の本質をとらえないと、少し考えれば分かるはずの事が分からなくなり、判断を誤ることになりかねません。

その結果、あり得ないうたい文句にそそのかされて

効果のない商品に飛びついたり、まったく意味のない努力をしたり…

 

では、本来目的である

「体形」

「筋力」

「健康」

に対して、正しいアプローチができる物が、本当のダイエットなのだとしたら

 

それは、やはり「食事」と「筋トレ」をセットで考えるべき物でしょう。

 

なぜなら

人間は、「骨と筋肉」でできていて、「食事」がその材料だからです。

 

 

つまり、「筋肉」こそが目的達成のカギを握り、その材料である「食事」が重要でないわけがない。という事です。

 

なので、食事とは栄養を摂取することです。

たとえばファスティングなど、食べない事が核にある食事法は、ダイエットとは別の目的であると言えるでしょう。

 

 

よって、体重の増減は、生きていれば普通に起こる生活習慣の結果であって、目的にはなりえない。

重要なのは、「体の中で何が起こっているのか」です。

 

筋肉を増やすことで、体形を整え、代謝をよくし、また脳によい刺激を送れます。

体脂肪を減らすことで、細くなり、軽くなり、動きやすくなります。

 

食事で成果を出すために必要なのは、「知識と実践」ですが、

筋トレで成果を出すために必要なのは、「経験と技術」です。

 

 

正しいトレーナー選びが、正しいダイエットの一番の近道です。

それでは、よいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

ただしいダイエットのすすめ その2